Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」初日舞台挨拶の様子。前列左から坂本真綾、杉田智和、鈴木達央、梶裕貴、福山潤、悠木碧、高木裕平。後列左から与田祐希、山下美月、森川智之、雨宮天、久野美咲、有野晋哉、濱口優。

「七つの大罪」舞台挨拶で乃木坂46与田祐希が告白、坂本真綾は共演者の声を絶賛

ナタリー

18/8/18(土) 18:13

乃木坂46の山下美月と与田祐希が、本日8月18日に東京・丸の内TOEIで行われた映画「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の初日舞台挨拶に登壇した。

鈴木央のマンガ「七つの大罪」の劇場作品となる「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」は、鈴木が映画用に描き下ろしたネームをもとにしたオリジナルストーリーが展開される。キャストには梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、高木裕平、坂本真綾、杉田智和、森川智之といった声優陣が名を連ね、主題歌を乃木坂46が担当している。

本日のイベントにはキャスト陣、山下と与田のほかよゐこも参加。中盤では「七つの大罪」の魅力を表す言葉を記した色紙を披露するコーナーが設けられ、梶は色紙を客席に示しながら「“愛”です! 男女間の愛情、男同士、女同士の友情の愛がどのキャラクターにもしっかり描かれているところが素敵です。原作の鈴木央先生の愛情も感じます。週刊連載をされているのに現場に足を運んでくださったり、アニメにも愛情を注いでくださっているのを感じます」と回答。悠木の色紙には「合技」と書かれており、レタリングが趣味という悠木の達筆ぶりに福山と森川は「フリーハンドで書いたの!?」と驚いていた。そして福山の色紙には大きく「梶」の文字が。梶が「『七つの大罪』の魅力ですよね?」とうろたえていると、福山は「メリオダスが必要でしょ? メリオダスが主人公として絶大なものを持っていて、そこが梶とリンクしているから、魅力は梶!」と主張し観客の笑いを誘っていた。また坂本は「声」と書いた色紙を見せ、「手前味噌なんですけど、2日間、朝から晩までみっちりアフレコをやって、自分の声はさておき、みんな声が(キャラと)ぴったりだなと思って。声優さんってすごいなと改めて思える現場だったので」とアフレコ時の思い出を明かした。

その後、山下と与田がステージに登場。映画の舞台が空であることから白と青を基調とした花束を梶に渡し、「本日は公開初日、おめでとうございます!」とお祝いの言葉を贈った。また司会者から「映画のように空の旅をするとしたら、どのキャラクターがいいですか?」と聞かれた山下は「みんなとしてみたいですけど、私はバンがいいですね。最近、全然お料理をしてなくて、偏った食生活をしているので、一緒に旅をしておいしいお料理をたくさん作ってもらって。お料理を教えてもらえたらいいな」と鈴木が声優を務めるバンの名を挙げた。これを受けて、鈴木は「ちょっとうれしいですね、これ」と言いながら、バンの声で「俺にはエレインがいるから」とクールに辞退していた。

与田は安全な旅ならホーク、安全でない旅ならメリオダスと回答。「危険だったら(メリオダスに)守ってもらいたいんですけど、ホークさんは癒しなので……大好きです」と唐突に告白する。ホーク役の久野はその言葉に「ありがとうございますー」と照れくさそうにしていた。そしてイベントの最後には梶が「『七つの大罪』は僕たちが4年以上の歳月をかけて作ってきた作品です。その作品が映画化ということで心からうれしく思っています。ぜひご家族やお友達と何度も足を運んでください」と映画をアピールした。

※高木裕平の高は、はしごたかが正式表記

(c)鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会 (c)鈴木央/講談社

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play