Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

内場勝則 (c)よしもとクリエイティブ・エージェンシー

吉本新喜劇が4座長・4リーダーの新体制に、内場勝則&辻本茂雄は2月座長勇退

ナタリー

19/2/4(月) 11:36

吉本新喜劇が、現座長の小籔千豊、川畑泰史、すっちー、酒井藍と次期座長候補となる“リーダー”に就任する清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介による新体制になる。

1959年3月1日に当時の大阪・うめだ花月劇場オープンと同時に発足し、現在約110名の座員によって構成される吉本新喜劇。昨年は9年ぶりの全国ツアーを成功させ、テレビ放送のエリア拡大を実現させるなど、全国での認知度を高めてきた。今年3月、60周年を迎えるにあたり、4座長・4リーダーの新体制に。現ベテラン座長の内場勝則と辻本茂雄は2月から3月にかけて開催される大阪・なんばグランド花月公演をもって座長を勇退する。

本日2月4日には大阪・吉本興業にて会見が開かれ、新体制を率いる8名が登壇。意気込みを語った。この様子は追って紹介する。内場、辻本のコメントは下記のとおり。

内場勝則

コメント

新体制おめでとうございます。
今、スポーツなど若い人たちの勢いが素晴らしいです。吉本新喜劇もエンタテインメントの世界も若い人が中心となった力が必要です!
新年号元年の年にスタートする新体制の新喜劇、私には思いつかんかったなあというものを期待してます!

座長最終公演

2019年2月26日(火)~3月4日(月)

辻本茂雄

コメント

新体制になり、これからはベテランとして吉本新喜劇を支えていきます。
ライバルは島田一の介兄さんです!(笑)
そして、自分自身のイベントでは、座長を務め吉本新喜劇をさらに盛り上げていきます!

座長最終公演

2019年2月19日(火)~2月25日(月)

アプリで読む