Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク』 (C)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

「毎回、最高を更新してくる!」『キンプリ』第3章が満足度ランキング第1位!

ぴあ

19/4/15(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年4月12日、13日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、人気アニメを全4編で劇場公開する『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク』が第1位になった。

『KING OF PRISM』シリーズ(略称“キンプリ”)は、フィギュアスケート、歌、ダンスを組み合わせた“プリズムショー”の世界で、スターを目指す少年たちの姿を描いた作品。4月からはアニメ『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』の放送が始まっており、本作は、テレビ版にはないおまけパートを含む劇場編集版を全4編で連続公開する第3章にあたる。

劇場には早朝からファンがつめかけており、「毎回、最高だ!と思ってるけれど、毎回、最高を更新してくる!」「言葉をなくすくらいストーリーがヤバい。意外と人間くさく心情を描写しているので、より一層、好きになった」「プリズムショーが一番の見どころ。本当に鳥肌が立つくらいよかった」「ウルッとしたり、熱くなったり楽しい気持ちになったり、見どころばかり!」「第3章では新しいことに挑戦していて、そこが面白かった!」「初期のキャラが出ていたりするので、集大成という感じで楽しめた」など熱い声が続出。

出口調査では『I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ』満足度92.0点、『II カケル×ジョージ×ミナト』満足度92.9点と章を追うごとに点数が上がっており、『IV ルヰ×シン×Unknown』(5月4日公開)ではどのような記録を出すのか気になるところだ。

注目は2位の『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』。本作は、シリーズ屈指の人気キャラクター“怪盗キッド”が再び登場する23作目で、来場した子どもたちからは「最初の格闘シーンで、怪盗キッドが戦ってるところがカッコよかった!」(11歳)、「見どころは怪盗キッドVS空手家の真。この勝負はとても見応えがあっておもしろかった」(9歳)、「怪盗キッドが宝石を盗むために建物に侵入するところはすごかったから印象に残ってる」(10歳)、「コナンは話にオチがついてちゃんと物語が終わるから好き」(11歳)、「今回の映画は、いつものコナンと違って、怪盗キッドを支えていたのが感動した」(11歳)などの声があがった。

(本ランキングは、4/12(金)、4/13(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

【関連リンク】
ぴあ映画生活「映画満足度ランキング」
『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- III レオ×ユウ×アレク』作品情報
『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』作品情報

アプリで読む