Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

リリー・ジェームズ演じる作家の温かな交流を描く 『ガーンジー島の読書会の秘密』予告編公開

リアルサウンド

19/6/12(水) 12:00

 8月30日に公開される、リリー・ジェームズ主演映画『ガーンジー島の読書会の秘密』の予告編が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』とその続編、さらにアカデミー賞2部門を受賞した『スリー・ビルボード』を世に送り出したプロデューサー陣が、再びタッグを組んで贈る最新作。

 1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエットは、1冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチスに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。

 ジュリエットを演じるのは、『シンデレラ』で主演を務めたリリー・ジェームズ。そのほか、マシュー・グード、ペネロープ・ウィルトン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイら、英国の傑作TVシリーズ『ダウントン・アビー』で人気と実力を確立したキャストが出演。ジュリエットに手紙を送ったドーシー役には、『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのミキール・ハースマン、さらには『さざなみ』のトム・コートネイが読書会メンバーとして顔を連ねる。監督は『フォー・ウェディング』のマイク・ニューウェルが務めた。

 公開された予告編では、ロンドンに暮らす作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)に届いた、「僕はガーンジー島に住むドーシー・アダムズです。“読書とポテトピールパイの会”会員です。読書会は戦時中の憩いでした」という手紙から始まり、ジュリエットが、第二次世界大戦中に英国で唯一ドイツの占領下にあったチャネル諸島の一つ、イギリス海峡に浮かんでいるガーンジー島で読書会のメンバーに温かく迎えられるシーンや、読書会のメンバーがエリザベスの秘密を守ろうとする様子が描かれている。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む