Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT

望月歩が闇バイトに四苦八苦、映画『五億円のじんせい』場面写真&コメント

CINRA.NET

19/5/31(金) 17:00

ムン・ソンホ監督の映画『五億円のじんせい』に寄せたコメントと場面写真が公開された。

7月20日から公開される同作は、GYAOとアミューズによる映画製作オーディション『NEW CINEMA PROJECT』の応募作約400本の中から第1回グランプリを受賞した作品。幼い頃に5億円の募金で手術に成功した少年が17歳になり、ある出来事をきっかけにSNSで自殺することを宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら5億円返してから死ね」というメッセージが届き、5億円の「借金」を返すために奮闘するというあらすじだ。主人公の高月望来役に望月歩がキャスティング。

公開されたのは、望月歩とソンホ監督のコメント。望月は「監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作っているなとすごく感じて、『この人の気持ちに応えたい』という気持ちになりました。本当の自分を出せていない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってくれたらいいなと思います」、ソンホ監督は「とても魅力的な望月さんも、等身大ということを考えると、1年違えば巡り合っていなかったかもしれません。見事に演じきってくれた望月さんに感謝です」とそれぞれ述べている。

場面写真には、西田尚美演じる望来の母が望来の肩を掴む様子や、山田杏奈演じる橘明日香に加えて、平田満、森岡龍、芦那すみれ、兵頭功海らキャスト陣の姿が写し出されている。

望月歩のコメント

(初めての主演は)楽しさとプレッシャーの両方がありました。監督とは自分の考えを話して、質問して、監督の考えを聞いて一緒に役を作っていきました。その中で印象的だった言葉は「ラブリー」です。
「こう動いたらラブリーに見えるよね」みたいな。今まで「ラブリー」という言葉を口にしたことがなかったので照れくささもありつつ、「ラブリーとはこういうもの」というイメージもなかったので、監督の求める「ラブリー」を理解できた感じです。監督はいつも楽しそうで、ワクワクが伝わってくるし、一緒に作っているなとすごく感じて、「この人の気持ちに応えたい」という気持ちになりました。本当の自分を出せていない人や、今の自分から変わりたいと思っている人が、望来の変化や成長を見て、勇気を持ってくれたらいいなと思います。

ムン・ソンホ監督のコメント

高校生らしい危うさと瑞々しさを持った人を!同年代で役にシンパシーを感じてくれる人を!そんな人を探していました。望月歩さんにはそれがありました。とても魅力的な望月さんも、等身大ということを考えると、1年違えば巡り合っていなかったかもしれません。見事に演じきってくれた望月さんに感謝です。

アプリで読む