Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アントニ・タウレ『L' Énigme』2016 ©Antoni Taulé

スペイン出身の画家アントニ・タウレの日本初個展『光の島』、銀座で開催

CINRA.NET

19/1/15(火) 21:19

アントニ・タウレの個展『INSULA LUX 光の島』が、1月16日から東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。

1945年にスペイン・バルセロナで生まれた画家のアントニ・タウレ。画家としての活動に加えて、世界各地の劇場で舞台美術も手掛けてきた。1983年にフランスの『芸術文化勲章』を受賞。

タウレにとって日本初の個展となる同展のテーマは「光の島」。このテーマは、タウレが1970年代から拠点の1つとしているスペインのフォルメンテーラ島にインスピレーションを得たもの。会場では近作の絵画作品と、写真の上に絵を描いた過去作品の2タイプの作品を展示する。

アプリで読む