Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

シス・カンパニー公演「日本の歴史」より。(撮影:宮川舞子)

中井貴一・香取慎吾ら出演、三谷幸喜演出「日本の歴史」がWOWOWで

ナタリー

19/3/14(木) 17:12

シス・カンパニー公演「日本の歴史」が、3月16日にWOWOWプライムで放送される。

昨年2018年12月から今年19年1月にかけて上演された「日本の歴史」は、三谷幸喜による新作オリジナルミュージカル。荻野清子が音楽を手がける本作では、卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1700年にわたる壮大な物語が描かれ、中井貴一、香取慎吾、新納慎也、川平慈英、シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加といった面々が、歴史上の偉人から名もない人々まで多数のキャラクターを演じ分けた。

また公演の模様と併せて、作・演出の三谷、音楽を担当した荻野のインタビューも放送される。

三谷幸喜コメント

日本の歴史をミュージカルにしようと思ったのはいつ頃か

ある家族の歴史が、日本の歴史と重なっていくという設定の物語を創りたいと思ったのは10年以上前です。それをどういう形で表現できるかと考えた時に、ミュージカルならば可能なのではないか、と思ったんです。ミュージカルは、それこそ突然人が歌いだす世界でもありますし、何があってもおかしくない。日本史と家族史が重なっていく、ちょっと複雑な物語もミュージカルでやることで、分かりやすく表現出来るのではないかと思いました。もう、7、8年前かな、荻野さんにこんな事をやってみたいという話をしたのですが、実は彼女は全く歴史に興味がないという事がそこで分かったので、だったらとりあえずこれを読んでみてください、と日本の歴史のマンガ版を渡したのが始まりです。

荻野清子の反応

最初に僕がこんなものをやりたいんだという話をしてもよく分からないと言われました。それで、割と早い段階で構成表を作って荻野さんにお見せしたんですけど、やはりよく分からないと。ならば、これはイメージを掴んでもらう為にも台本を書いて、まず読んでもらおうと思ったんですが、だいぶ遅れてしまいました。台本が完成する前にも、荻野さんに会って、こんな感じだというのを見せたのですが、荻野さんから、自分のような歴史に興味がない人からすると全く聞いたことがない人達も多く出てくるから、これではついていけないという指摘を受け、せめて、名前だけでも聞いた事がある人を入れてもらえないかと。それで、またいろいろ考えて、台本が完成して初めて、「三谷さんがやりたい事がようやく分かった、こういう事だったんですね」というそんなプロセスでした。

歴史上の人物が後押ししてくれると思う事

そもそも僕が歴史を好きになったのは、そこなんですよね。それを今回、歌にもし、セリフにもして皆さんに伝えたかったという想いが一番大きいですね。
自分が今、直面している問題は、僕が初めてぶち当たった問題ではなくて、今まで誰かが同じような事にぶつかり、同じような事で苦しんだはずで、それを知る事で、勇気が湧いてくるというか、その為に僕らは歴史を学ぶのではないかと思うんです。
その歴史を紐解く事で、今自分が悩んでいる事からどうすれば解放されるのかというヒントが、歴史のどこかに隠されていて、自分の未来も開けてくる。そういう歴史の見方をするという事はとても価値のある事ではないかなと思います。
それは自分が歴史を読む時に、強く感じる部分ですね。

WOWOWプライム ミュージカル「日本の歴史」

2019年3月16日(土)19:00~21:45

作・演出:三谷幸喜
音楽:荻野清子
出演:中井貴一、香取慎吾、新納慎也、川平慈英 / シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える