Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「サタンタンゴ」

タル・ベーラの7時間超え大作「サタンタンゴ」4Kデジタルレストア版が劇場初公開

ナタリー

19/1/29(火) 12:34

「倫敦(ロンドン)から来た男」などで知られるハンガリーの監督、タル・ベーラが手がけた「サタンタンゴ」が製作から25年の時を経て9月より劇場公開される。

2011年製作の「ニーチェの馬」を最後に、56歳で映画監督からの引退を表明したベーラ。「サタンタンゴ」はジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントら映画監督に大きな影響を与え、作家のスーザン・ソンタグが「7時間すべての瞬間が圧倒的で心を奪われる。残りの人生で毎年観たい傑作」と激賞した7時間18分に及ぶ大作だ。クラスナホルカイ・ラースローの同名小説が原作となっており、全編で約150カットという長回しで構成されている。

日本ではこれまで映画祭上映のみだった「サタンタンゴ」だが、今回の劇場公開では35mmフィルムにこだわり続けてきたベーラが初めて許可した4Kデジタルレストア版が披露される。本作の4Kデジタルレストア版は、ドイツ現地時間2月7日に開幕する第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも出品されることが決まった。

「サタンタンゴ」は東京のシアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町で公開。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える