Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

AKB48 横山由依&武藤十夢&向井地美音&田中美久が語る、これからのグループ像「自分たちの世代でもう一度大きな波を起こしたい」

リアルサウンド

18/9/23(日) 12:00

 AKB48が、53枚目となるシングル『センチメンタルトレイン』を9月19日にリリースした。『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』後のシングルとなる今作についての話を聞くべく、AKB48より横山由依、武藤十夢、向井地美音、そして初選抜となったHKT48・田中美久にインタビューを行った。世界選抜総選挙後のこれからのAKB48について、各メンバーの意識やそれぞれの活動での強み、「センチメンタルトレイン」の魅力について語ってもらった。(編集部)

いまのメンバーでまた東京ドームからの景色を観たい(横山由依)

ーー田中さんはこのメンバー(AKB48・横山由依、武藤十夢、向井地美音、HKT48・田中美久の4人)で取材を受けることに違和感はないですか?

田中美久(以下、田中):あります(笑)。でも、選抜としての活動を通して、3人とは仲良くなったと思っています!

向井地美音(以下、向井地):うれしい!

田中:最近はHKT48で活動していると先輩の立場になることが多いですが、今回の選抜では後輩でいられることの安心感もあります。

ーーそれも世界選抜総選挙で10位に入ったからだと思うのですが、総選挙前はHKT48のWセンターとしてのプレッシャーはありましたか?

田中:「選抜を目指している」と公言していたこともあって、いままでの総選挙よりも重圧がありましたが、ファンの方たちの支えがあったので開票イベントには自然体で挑むことができました。

ーー「私の青春の全てをHKT48に捧げました」とスピーチしました。

田中:HKT48に入ることができて良かったと改めて思えましたし、AKB48の選抜メンバーとして活動できることもうれしくて、いまが青春だなと思っています。

ーー武藤さんは2年ぶりの立候補でしたが、やはり総選挙に強いというか(7位)、ファンから愛されているんだなと思いました。

武藤十夢(以下、武藤):2年ぶりというドキドキはありましたが、いままでの総選挙の中でも一番といっていいくらいファンの方と一致団結できたことで、自己最高順位につながったのかなと思います。ファンの方には感謝の気持ちでいっぱいです。

ーー総選挙でのスピーチで「私のような年長のメンバー」と言ってましたが、まだ23歳ですよね。

武藤:でも、Team Kの中では、私が2番目に年長なんです。一番上が峯岸(みなみ)さん。若いメンバーも頑張っているけど、私と同じ世代のメンバーが活躍できる場面がもっと増えたらいいなと思っています。私もまだまだいけるので(笑)。

ーー向井地さんは「いつの日かグループの総監督になりたい」とスピーチしましたが、いつ頃からそう思いはじめたんですか?

向井地:漠然と「AKB48を引っ張っていける存在になりたい」とは思っていましたが、「AKB48グループ センター試験」で1位になった時に「グループ愛に自信を持っていいんだ」と意識が変わりました。普段から総監督・横山さんのことを側で見ていて、総監督はAKB48愛がないと務まらないポジションだと感じていましたが、「いつかその場所に立ちたい」と思うようになりました。

ーー総監督という立場になると自分を抑えなければならない場面も出てくるかもしれません。

向井地:AKB48は夢を叶えるための通過点ということもありますが、私は加入当初から「AKB48で夢を叶えたい」と言ってきて。最初から「自分よりグループのために何かをしたい」という想いが強かったんです。卒業を考えたことは一度もないし、20周年の時もAKB48にいたいし、これからもグループのためになれるような存在でありたいです。

ーーファンの方の反応は?

向井地:すごく驚かれました。いままで「センターを目指しています」とは言ってきましたが、「総監督」とは言っていなかったので。ただ、総選挙後の握手会では「ビックリしたけど応援しているよ」とおっしゃってくださる方が多かったので、これからはまっすぐ目標に向かって頑張っていきたいです。

ーー横山さんは向井地さんの「総監督を目指す」宣言を聞いて、どう思いましたか?

横山由依(以下、横山):スピーチをする前日にみーおん(向井地)から「言ってもいいですか?」と聞かれたんです。そういうところもしっかりしているなと思いました(笑)。みーおんとは普段一緒にいてAKB48の話をすることがすごく多くて、以前から想いは一緒だなと感じていたんです。みーおんが総監督を目指してくれたことで、たかみな(AKB48グループ初代総監督・高橋みなみ)さんがやってきたことを私が受け継いでこられたのかなと思って、少し気持ちがラクになりました。

ーー「総監督は譲らない!」という気持ちはなく。

横山:私も卒業を考えているわけではないので、いますぐみーおんに譲ることはないですが、目指してくれていることはうれしくて。みーおんにもそう伝えました。

ーー将来的にバトンタッチするとして、その時はいま以上の状態にAKB48を持っていきたいという気持ちもあるかと思います。

横山:そうですね。「東京ドームでコンサートをする」と何度か言ってきましたが、実現するためにはメンバー個人個人がもっと力をつけて、それぞれが何をすべきか考えなきゃいけない、そういう意味でも東京ドームを大きな目標として掲げているんです。先輩に東京ドームに連れていってもらってコンサートをした時は、圧倒されて「ここで人生が終わってもいい」と思えるほどの景色でした。あの気持ちをまた味わいたくて、いまのメンバーでまた東京ドームからの景色を観たいと思っています。

ーー横山さんは総選挙のスピーチで「AKB48は勢いがないと言われてしまうことが最近あって」と話していました。AKB48は人気が定着して、現在は安定している状態とも言えるとは思いますが。

横山:歴史があるグループなので、波があることは分かっていますが、自分たちの世代でもう一度大きな波を起こしたいと思っています。自分自身の役割としては、伝統を伝えていくことと、「入り口」になることだと思っています。

ーー「入り口」とは?

横山:総監督としてグループのことばかり考えて、自分の夢を後回しにしてきた部分もありました。けれど、みーおんをはじめとして頼もしいメンバーが増えたので、グループでの役割を分け合いながら、自分自身の本来の夢である「歌える女優」を追いかけたいなと。そこで活躍する私を見ていただいて、「この子はAKB48なんだ」と認知してもらい、ファンの方が増えたらいいなと思っています。

メンバーの数だけ物語がある(向井地美音)

ーー横山さん、乃木坂46の生駒里奈さんの卒業ライブ(2018年5月22日)を観ていたと思いますが、何か感じることはありました?

横山:乃木坂46のメンバーはみんなキレイで、どの場面を観ても素敵だなと思いました。とくに生駒さんのことをキレイな涙で送り出していたことが印象的でした。比べるわけではないですが、高校野球みたいに喜怒哀楽を爆発させることがAKB48の強みなんだなって改めて思いました。いまはグループ全体で人間臭さを出していってもいいんじゃないかと思っています。

ーー武藤さんと向井地さんもAKB48にとって人間臭さは魅力だと思いますか?

武藤:イベントがあればグチャグチャになるまで泣く、そんな体当たり感がAKB48の魅力のひとつになっていることで、ファンの方も私たちに寄り添っていただけているんじゃないかと思っています。

向井地:以前は、アイドルはステージで輝くというイメージだったんですが、AKB48を知った時にメンバーの数だけ物語があるところが面白くて、素敵なグループだなと思いました。それがAKB48の強みだなって思います。

ーー昨年1月から取り組んでいる『豆腐プロレス』もかなり泥臭いですよね。

向井地:『豆腐プロレス』は私個人としても、グループとしても挑戦でしたが、AKB48じゃないとできない企画だし、それがAKB48の面白さだと思ったので「やってみよう」と臨みました。

ーープロレスファンからAKB48のファンになった方もいたんでしょうか?

向井地:握手会に新日本プロレスのキャップを被っていらっしゃる方や、プロレスファンの方は増えたと思います。

横山:「ライブは観たことがありませんが、豆腐プロレスの興行は2回とも観ました。ロングスピーチ横山さん、好きです」とおっしゃってくださる方もいて。プロレス団体と思っている人がいるかもしれないです(笑)。

一同:(笑)。

横山:プロレスの練習はキツいし、ケガも怖いけど、メンバーみんなで泣きながら頑張ったことが伝わっていたらうれしいですし、そこからライブにつながればいいなと思っています。

ーープロレスのリアルと物語がリンクしていく部分はアイドルと近いと思います。

横山:みーおんがよく言っています。

向井地:プロレスをやってみて、アイドルと共通することがあるんだと気づきました。

ーープロレスファンが握手会に来てくれたように、今後は既存のファン層以外へのアピールも重要になってくると思うんです。韓国で行われている『PRODUCE48』では、田中さんの相棒であるHKT48・矢吹奈子さんが活躍してますよね。

田中:うれしいです。

ーーなかには『PRODUCE48』などAKB48グループの活動以外で輝けるメンバーもいるので、そういった場が多いほどいいのかなと思います。

横山:あるオーディションに落ちた時、「ここじゃないところで売れていった子をたくさん見てきたから、これからも頑張ってください」と言われたことがありました。確かに、どの場所が向いているか挑戦してみないと分からないと思うんです。AKB48・竹内美宥ちゃんは自分の好きな音楽を貫き続けたから、『PRODUCE48』でも注目されるようになった。アイドルを長く続けているとツラいこともありますが、無駄なことなんてひとつもないと思ってます。

ーープロレスをやったメンバー、韓国でアイドルを学んだメンバー……それぞれの武器を持ったメンバーがいることで、AKB48グループにアベンジャーズ感が出ると思います。

横山:そうですね。個が強くなれば全体も強くなるし、それぞれのジャンルで頑張っているメンバーから刺激を受けて「私も負けずに頑張ろう」と思えます。

ーー先ほども話していましたが、向井地さんにとっての武器は「AKB48グループ センター試験」で証明したAKB48愛になるわけですよね。

向井地:いままで「全メンバーの中でこれなら負けない」というジャンルがなくて、自分の個性やキャラクターを探し続けてきましたが、センター試験で「AKB48への愛は誰にも負けない!」と確信できたことで自信がつきました。

ーー田中さんはアイドルに強い信念を持ってますよね。

田中:いまアイドルをやっていることがすごく楽しくて、休みの日でもSHOWROOM配信でファンの方と交流をしていたいです。アイドルを観ている側だった時はキラキラしているところしか見えませんでしたが、実際はキラキラしている分だけツラいことや悲しいことがあって。そのツラさや悲しさを分け合えるメンバーやファンのみなさんとは家族みたいな存在になっているんです。なので期待にも応えたいんです。

ーー武藤さんの中で理想のアイドル像はありますか?

武藤:私の理想像ってないんです。AKB48の中だけでもいろんなメンバーがいるので、どんな形があってもいいのかなって思っています。私自身はAKB48で唯一の大学院生で、気象予報士を目指しているので、それもひとつの形ですし、それぞれの将来の目標に向かって、ファンの方と一緒に進んでいけばいいんじゃないかと思っています。

ーーアイドルとしての心得を妹(AKB48・武藤小麟)に伝えることはないですか?

武藤:私を見て「楽しそうだな」と思ってAKB48に入りましたが、『ネ申テレビ』(ファミリー劇場)で想像以上に過酷なことがあったみたいで、泣きながら電話をかけてきたことがあったんです。私からは「アイドルを続けたいならまだ先は長いんだから、死ぬわけじゃないし頑張るしかないよ。その壁にぶつかっているところを見て、ファンの方は応援してくれるんだよ」と話しました。

ーー愛がある激励だと思いますよ。最近はNMB48・上西怜さんやSTU48・薮下楓さんなど、姉の背中を見てAKB48グループに入ったメンバーも増えているじゃないですか。長く続いていくグループとしてはいいつながり方だと思います。

横山:そうですね。

ーーゆくゆくは誰かの娘が入るかもしれません。

向井地:あるかもしれないです(笑)。

横山:そうなるくらいまでグループを続けていくことも密かな目標です(笑)。

AKB48の未来につながるような一曲(横山由依)

ーー一方で、AKB48グループのメンバーであるNMB48・山本彩さんの卒業が発表されました。関係が深い横山さんとしては、寂しいけど気持ちよく送り出したいという気持ちですか?

横山:AKB48のシングル選抜に入ったタイミングが一緒で、それからの付き合いなので「寂しい」という気持ちが一番大きいですが、その分、彼女の頑張りや我慢を近くで見てきたので、卒業後のさや姉が自分の夢や人生を考えて生きていけると思うと、よかったと思っています。さや姉の卒業はAKB48グループにとって大きな出来事だけど、いまいるメンバーで頑張らなきゃいけないです。

ーーそれらを乗り越えた先に東京ドーム公演が待っていると。

横山:そうですね。

ーー横山さんが「東京ドームでコンサートをしたい」という目標を掲げ続ける理由を教えてください。

横山:先輩たちはAKB48劇場から東京ドームという目標に向かって、いろんな困難を乗り越えてきたと思います。ただ、その夢が叶った後はしばらくAKB48としての目標がなくて、何を目指していけばいいのか分からないメンバーもいたんです。そこで秋元康さんに相談した時、「もう一度東京ドームでコンサートができるように頑張ろうよ」と言ってくださって。それから言い続けるようにしています。みーおんが「総監督を目指したい」と言ったように、夢や目標を口にすることって他のメンバーにとっても刺激になるし、口に出すことでファンの方たちも「応援しよう」と思っていただける。ファンの方と一緒に夢を叶えたいです。

ーー最後に、9月19日リリースのシングル表題曲「センチメンタルトレイン」について聞かせてください。

横山:本当にいい曲なんです! SNSで調べたらAKB48のことを知らない方も「いい曲」と書いてくださっているのを見てうれしくなりました。

田中:「センチメンタルトレイン」は歌詞も曲調も青春っぽくて、でもどこか切ない感じが好きです。振り付けもどこか演劇っぽいので、いつも以上に気持ちをこめて表現できたらと思っています。

武藤:疾走感があって明るいけど、胸がギュッと苦しくなるような曲で、歌詞を読めば読むほど、曲を聴けば聴くほど「いいな」と思っていただける作品になっています。

向井地:去年の選抜に入ることができなかった悔しさを味わった分、今年は選抜に入ることができて感謝の気持ちでいっぱいです。「センチメンタルトレイン」を通して、ファンのみなさんに感謝を伝えたいと思っています。

横山:今回の選抜はキャリアのあるメンバーと新しいメンバーのバランスがいいので、AKB48の未来につながる、名刺代わりになるような一曲を目指しています。AKB48はいままで曲に助けられることがたくさんありましたが、今回もメンバーの魅力と曲の相乗効果で「センチメンタルトレイン」でAKB48のことをもっと好きになっていただきたいです。

(取材・文=大貫真之介/写真=三橋優美子)

■リリース情報
『センチメンタルトレイン』
発売:2018年9月19日
<Type A>初回限定盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「友達じゃないか?」ネクストガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
イベント参加券封入 *会場・開催日時未定

<Type B>初回限定盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「ある日 ふいに…」フューチャーガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
イベント参加券封入 *会場・開催日時未定

<Type C>初回限定盤
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「ひと夏の出来事」アップカミングガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
イベント参加券封入 *会場・開催日時未定

<Type D>初回限定盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「波が伝えるもの」第10回世界選抜総選挙記念枠
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
イベント参加券封入 *会場・開催日時未定

<Type E>初回限定盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「“好き”のたね」SHOWROOM選抜
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
イベント参加券封入 *会場・開催日時未定

<Type A>通常盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「友達じゃないか?」ネクストガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
生写真1種ランダム封入

<Type B>通常盤
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「ある日 ふいに…」フューチャーガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
生写真1種ランダム封入

<Type C>通常盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「ひと夏の出来事」アップカミングガールズ
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
生写真1種ランダム封入

<Type D>通常盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「波が伝えるもの」第10回世界選抜総選挙記念枠
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定
【封入特典】
生写真1種ランダム封入

<Type E>通常盤 ¥1,524 + 税
【収録内容】
CD新曲3曲+inst3曲 計6曲収録予定
M-1「センチメンタルトレイン」世界選抜メンバー
M-2「サンダルじゃできない恋」アンダーガールズ
M-3「“好き”のたね」SHOWROOM選抜
M-4 M-1(off vocal ver.)
M-5 M-2(off vocal ver.)
M-6 M-3(off vocal ver.)
DVD 新曲3曲のMUSIC VIDEO収録予定

【封入特典】
生写真1種ランダム封入

AKB48 公式サイト
AKB48 キングレコード オフィシャルサイト

サイン入りチェキプレゼント

 

AKB48のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

 応募方法

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<締切:10月9日(火)>

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play