Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の完成披露舞台挨拶の様子。

「ぼくいこ」安田顕が“葛餅”を“葛飾”と勘違い、倍賞美津子はフリップでツッコむ

ナタリー

19/1/29(火) 21:16

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の完成披露舞台挨拶が、本日1月29日に東京・スペースFS汐留にて行われ、キャストの安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、村上淳、石橋蓮司、監督の大森立嗣が登壇した。

本作は宮川サトシのエッセイマンガをもとにしたヒューマンドラマ。がんを告知された母・明子と主人公サトシが過ごした最期の時間や葬儀、その後の日々が描かれる。サトシ役を安田、明子役を倍賞が務めた。

大森は「そうそうたる俳優に集まっていただいて、この家族を撮ってたんだなとしみじみ思ってたんですけど」と感慨に浸りつつ、「ふと皆さんを見ると温かい家族というか、やくざ感が……」と安田や石橋のほうを見て、客席の笑いを誘う。そして「一筋縄ではいかない映画になったと思います」とアピールした。

倍償との共演について聞かれた安田は「本当に光栄なことです。倍償さんの醸し出す雰囲気のおかげか、すごく穏やかなゆったりした時間を過ごすことができました」と述懐。倍償が「こんな母親思いの息子っているんですね! 安田さんがそうなのかと錯覚起こしちゃう」と述べると、安田は「宮川先生はいい息子だったんでしょうね。私はすぐ親元も離れたし、いい息子かっていうのはあれですけど……」とはにかんだ。

松下は自身が演じたサトシを支える恋人・真里を「岐阜ののどかな場所でのびのび育った、優しさの中にも厳しさがある女性」と説明し、「撮影が進むに従い、男性っていくつになってもお母さんがいないと駄目なんだなと思うようになって。この人を守ってあげなきゃいけないんだという空気を安田さんに作っていただいた」と撮影を振り返る。それを聞いた安田は「松下さんは『私は奥さん役が多くて、いつだっていい奥さんになる準備はできている』って言ってました」と明かし、会場を大いに盛り上げた。

サトシの兄・祐一に扮した村上が「石橋蓮司さんは大スーパースターなんで、小手先でいかないと最初に決心しました」と自身の演技について話すと、サトシの父・利明役の石橋は「素晴らしかったですよ。父親ってこんなに軽んじられるものなのかというくらい雑に扱われました」と村上を称賛する。続いて石橋は、倍償についての思いを「活力のある方で、現場も明るくなるしみんなも元気になる。いつまでも元気でいてくださいよという気持ちで撮影しておりました」と語った。

次に、タイトルにちなんで「食べたいくらい愛しいもの」をフリップで発表することに。安田が、倍償が挙げた「葛餅」を「葛飾」に見間違え、「かつしかですか!? そっちはお姉さんのほうになっちゃう」とボケると、倍償はフリップで安田の頭をたたくマネをして会場を爆笑させた。

最後に安田は「(マスコミ向けの)撮影してるときに、石橋さんが私の耳元で『このタイトルで、笑ってるって気持ち悪くねえかって』と。こういうタイトルですが、観終わっていただいたときに、笑顔でここをあとにしてもらえるんじゃないかなと。私は映画を観てそういう気持ちになりました」とメッセージを伝える。そして共演者やスタッフに感謝を伝え、「何より宮川サトシさんのお母様に感謝を申し上げたいと思います」と思いを口にし、イベントの幕を引いた。

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日より全国で順次公開。

(c)宮川サトシ / 新潮社 (c)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える