Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」製作発表会見の様子。前列左から吉田鋼太郎、柳楽優弥、広瀬アリス、ドラえもん、辻村深月、水田わさび、八鍬新之介。後列左から平井大、高橋茂雄、中岡創一、かかずゆみ、大原めぐみ、木村昴、関智一。

広瀬アリス「ドラえもん」出演は妹に内緒、吉田鋼太郎のジャイアン宣言に木村昴焦る

ナタリー

18/10/15(月) 20:42

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の製作発表会見が、本日10月15日に東京のザ・リッツ・カールトン東京で行われ、ゲスト声優の広瀬アリス、柳楽優弥、吉田鋼太郎、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ)らが登壇した。

「映画ドラえもん」シリーズ第39弾となる本作は、月を舞台とした物語。ルナ役の広瀬は「小さい頃から毎週観ていたし、家族で遠出するときはレンタルで借りて観たりお世話になっていました」と「ドラえもん」との思い出を明かす。妹・広瀬すずには、本作への出演に関して「驚かせたくてまだ言ってません」とのこと。「最近妹の仕事をネットニュースで知るので、同じことをし返そうかなと(笑)」といたずらっぽい笑みを浮かべた。

本作の脚本を手がけるのは「ツナグ」「鍵のない夢を見る」などで知られる直木賞作家・辻村深月。「ドラえもん」の大ファンを公言する彼女は、5年ほど前に一度オファーを断った経緯があるそうで「一生ファンでいたい、制作のほうに回るのはおこがましいという思いがあって」と理由を打ち明ける。しかし藤子・F・不二雄プロのスタッフや同氏の家族と会う機会をもらう中で、関係者たちの情熱に触れ「『ドラえもん』のファンでいさせてもらったことに感謝を覚え、私に来年のバトンをいただけるなら、さらに次世代につなげるお手伝いができるなら、こんなにうれしいことはないと思いお受けしました」と心境に変化があったことを伝えた。

そんな辻村が紡いだストーリーについて、監督の八鍬新之介は「例年よりミステリー要素が多い」と言及する。そしてレギュラーキャストの水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一に「真剣勝負を期待しておりますので、遠慮なしで本気でアフレコお願いします!」とぶつけ、平井大が歌う主題歌「THE GIFT」については「イントロを聴いたときからこの映画は成功すると(確信した)」と断言。「過去38作に負けないクオリティになると手応えを感じています」と自信を見せつけた。

またゴダート役の柳楽は「僕も昔友人や家族と一緒に観に行ったりして、今は嫁や子供と観に行って。『ドラえもん』と一緒に成長してるのがうれしい」と顔をほころばせる。続いて悪役・ディアボロ役の吉田が「姪っ子と甥っ子に『鋼太郎兄ちゃん』って呼ばせてるんですけど、出ると言ったら『ジャイアンだろ?』って。次回はジャイアン役で出させてください」と言い放つと、ジャイアン役の木村は「大変ですね……3代目ですか! もうちょっとがんばらせてください!」とあわてて身を乗り出し笑いを起こした。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は2019年3月1日より全国ロードショー。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play