Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」新場面写真

安田顕主演「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」家族愛に満ちた写真到着

ナタリー

19/1/11(金) 13:00

安田顕が主演を務める「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」の場面写真8点が到着した。

本作は宮川サトシのエッセイマンガをもとに、「日日是好日」の大森立嗣がメガホンを取ったヒューマンドラマ。がんを告知された母・明子と主人公サトシが過ごした最期の時間や葬儀、その後の日々が描かれる。サトシ役を安田、明子役を倍賞美津子が務め、サトシを支える恋人・真里を松下奈緒、サトシの父・利明を石橋蓮司、兄・祐一を村上淳が演じた。

このたび解禁となった写真は、サトシと明子が笑い合う姿や、病室の明子に寄り添うサトシと真里、対峙するサトシと祐一の様子などを捉えたもの。原作者・宮川の出身地でもある岐阜を中心にロケが行われており、豊かな自然や温かな光が登場人物たちの家族愛を引き立てている。

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」は2月22日より全国で順次公開。

(c)宮川サトシ / 新潮社 (c)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える