Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜ら、間宮祥太朗×桜井日奈子『殺さない彼と死なない彼女』出演へ

リアルサウンド

19/3/6(水) 8:00

 間宮祥太朗と桜井日奈子がW主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』の追加キャストが発表された。

参考:『はじこい』横浜流星は“年下男子”のステレオタイプを覆す!? 他の恋愛ドラマと一線を画す理由

 原作となる世紀末による同名コミックは、3つの物語からなる連作4コマ漫画。今回の実写版は、単行本に収録された表題作『殺さない彼と死なない彼女』に登場する、殺さない彼・小坂れいと、死なない彼女・鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となる。

 何にも興味が持てず退屈な日々を送る小坂れいは、ある日、教室で殺されたハチの死骸を埋めている鹿野ななに出会う。「死にたい」が口癖の鹿野はリストカットの常習犯。小坂は虫の命は大切にするのに“死にたがり”な鹿野に興味を持っていく。

 主人公・小坂役を間宮、もう1人の主人公・鹿野役を桜井が演じ、監督・脚本は、『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』などの小林啓一が担当する。

 今回、原作でもメインキャラクターとして登場するきゃぴ子と地味子、君が代ちゃんと八千代くんの物語も描かれることが発表。さらに、物語のキーパーソンとなるイケメンくんとサイコキラーくんも登場することが明らかになった。

 地味子を演じるのは、白石和彌監督・香取慎吾主演の映画『凪待ち』のヒロイン役に抜擢された恒松祐里。真逆の性格の親友・きゃぴ子を厳しくも温かく見守る、男前な少女を演じる。自分の可愛さを自覚し、周囲からの愛を求め続けるプレイガール、きゃぴ子役には『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)に出演している堀田真由が決定。原作読者にもファンの多いキャラクターとして、“孤独を抱える達観したぶりっ子”という新境地に臨む。

 好きな男の子に何度フラれても日課のように告白し続ける天真爛漫な女の子、撫子(※原作では君が代ちゃん)役には、こちらも『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に出演している箭内夢菜が抜擢。そんな撫子の想い人であり、恋愛に無関心な草食男子、八千代役は、ティーンを中心に人気を誇るファッションモデルのゆうたろうに決まった。

 上記メインキャストのほか、恋多き女・きゃぴ子の彼氏の一人であるイケメンくん役で金子大地、愛についての歪んだ信念を滔々と説くサイコキラーくん役で中尾暢樹が出演。そして、物語におけるキーパーソンとして、さっちゃん役に佐藤玲、きゃぴ子の母役に佐津川愛美、小坂の母役に森口瑤子が名を連ねた。

■キャストコメント
●恒松祐里(地味子役)
地味子役を演じさせて頂きました恒松祐里です。本作へ出演するにあたって世紀末さんの原作を読ませて頂いた時に、なんて素敵な作品なんだろうと感涙して私もこの物語のファンになりました! なので今回、原作の中でも印象的だった「地味子」という一見冷たいようで心の中は大きな優しさと愛が溢れている子を演じることが出来てとても嬉しかったです。初めてご一緒した小林啓一監督は凄く丁寧に映像を作っていく方で、一つ一つのシーンを舞台の稽古のように時間をかけて撮るという方法を使って下さり、きゃぴ子役の堀田真由ちゃんと相談しながらお芝居をすることがとても楽しかったです。丁寧に作っていった地味子ときゃぴ子の関係性を是非劇場で観て頂けたらと思います! 公開をお楽しみに!

●堀田真由(きゃぴ子役)
他者からの評価で自信を無くしがちな人が多い中で、きゃぴ子が持つ言葉には救いがありました。触れたら壊れてしまいそうで、でも触れなければ今にも崩れ落ちてしまいそうな。彼女の弱さを見ていると私がぎゅっと抱きしめてあげたくなる。そんな愛おしくも切ない姿に静かな涙が流れました。こんなにも素敵な作品に関わることができたことをとても光栄に思います。4コマの世界から映像の中へどんな風に形を変え登場人物たちが飛び込んでいくのか、そしてそれぞれが抱えている小さくも大きな叫びが皆さんにどのように届くのか今から楽しみです!

●箭内夢菜(撫子役)
今回、演じさせて頂いた撫子ちゃん役は今までにない役で、ラブストーリーも初挑戦だったので初めは不安でいっぱいでしたが、相手役のゆうたろうさんがとても優しくてしっかりされた方で、安心して最後まで演じきる事が出来ました。撮影でも、2人のシーンが多く、好きな物の話をしたり、読み合わせをしたり、お話を沢山させて頂きました。スタッフのみなさんも面白い方ばかりで、現場にいる時も居心地がよく、安心できる場所でした。八千代くんが大好きな女の子で「すき」と告白ばかりしていましたが、その日によって「すき」の言い方が変わったり、日に日に「大好き」になったり、演じている私でもこんなにストレートに告白できることをうらやましいと感じていました。このような作品で、素敵な恋をさせて頂けてとても楽しかったです(ハート)

●ゆうたろう(八千代役)
はじめまして、八千代役のゆうたろうです。原作を読んで、登場人物ひとりひとりが本当に愛おしくて、切なくて。笑える場面もあるのに気づいたら泣きそうになっていました。自分がこの作品の世界の中で生きるのは正直想像出来なくて不安もあったのですが、監督と沢山お話をして、スタッフキャスト全員と本当に丁寧に創り上げる感覚で撮影していました。役としてもゆうたろうとしても成長させてくれる小林監督、世紀末さんの世界で生きられたのが幸せでしたし、クランクアップした次の日の寂しさと虚しさがとてつもない、そんな作品でした。“今を生きる”あなたに観て頂きたいです。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む