Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

お茶の間を魅了した無名の女子高生シンガーがメジャーの舞台へ “琴音現象”さらなる広がり

リアルサウンド

19/3/6(水) 6:00

 人気オーディション番組を勝ち抜き、「無名のシンガー」から「お茶の間の人気者」へと駆け上がった現役高校生シンガー、琴音が1st EP『明日へ』で待望のメジャーデビューを果たす。

 「音楽が好きな子に育ってほしい」という両親の思いから、「琴音」という名を授かった彼女。その名の通り、小さい頃から歌うことが大好きだった彼女は、中学校に入る頃にはオリジナルソングを作り始めたという。ストリートミュージシャンでもあった父親からのアドバイスを受けながら、地元である新潟県長岡市を拠点に音楽活動をスタート。学業の傍らライブハウスなどで歌う日々を過ごしていた。

 そんな彼女に転機が訪れたのは昨年2月。言うまでもなく『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系列/2017年10月8日から2018年3月11日まで放送)への出演だ。ボイストレーナーでプロの歌手である菅井秀憲ら審査員と、ロボット採点機の2つの視点から挑戦者を評価するこの本格的なリアリティオーディション番組で、彼女は見事グランプリを獲得。その類いまれなる歌声が全国に拡散していった。

琴音 -2018.11.17 LIVEドキュメント(ダイジェスト)

 「もっとライブハウスの動員を増やしたい」「自分の実力はどの程度なのかを知りたい」という動機でテレビに出た彼女は、「ひまわりの約束」(秦基博)や「魂のルフラン」(高橋洋子)、「糸」(中島みゆき)など全く違うタイプの楽曲に毎回チャレンジしていく。この番組を特に盛り上げたのは、辛口審査で知られる菅井とのやり取りだ。

 「優しさの中に強さも見える声で、琴音劇場を見せてもらった感じがする」「貴女の歌うバラードは、“祈り”に近い」「言葉と言葉の間の、音符のないところでさえ音楽だ」等々、多くの名言が菅井の口から飛び出した。また、10代とは思えぬほど落ち着いた琴音の振る舞いや、優しさの中に強い意志を秘めた歌声も大きな反響を呼び、日本中に「琴音現象」を巻き起こしたのである。

“琴音現象”のその先へ

 たったひと月で、状況は一変した。地元のライブハウスはもちろん。全国どこへ行っても沢山の人が、彼女を一目見ようと集まった。マスクをして普通に道を歩いていても、声をかけられることが多くなったという。一時期は驚きと戸惑いを隠せなかったというが、持ち前の冷静さや友人・家族のサポートもあって、すぐに平常心を取り戻し、現在も学業と音楽活動を両立させている。

琴音「願い」(Music Video)

 そんな彼女のメジャーデビュー作『明日へ』は、初の全国流通盤となった前作『願い』の路線を引き継ぎつつも、使用楽器が増えたことでよりバラエティ豊かになった楽曲が並んでいる。「琴音現象」以降の怒涛の日々を綴った「ここにいること」、昨今のSNS事情を歌っているかのような「戯言〜ひとりごと〜」など、彼女の日常風景を切り取りつつも、それを普遍的な内容へと昇華した歌詞世界が印象的。彼女がフェイバリットに挙げる、Mr.Childrenや小林武史を彷彿とさせるような、オーガニックなバンドアンサンブルが彼女の“うた”の魅力を引き出している。唯一の提供曲「しののめ」を含む全4曲は、現在進行形の彼女がそのまま刻み込まれているのだ。

琴音- ここにいること(Short Ver.)

 来春には高校を卒業する彼女。前回のインタビュー(琴音、待望のメジャーデビュー オーディション番組出演からの怒涛の日々とこれから)では「自分が作った楽曲や自分の音楽の世界をしっかり伝えていきたい」と抱負を語っていたが、これからどんな成長を遂げていくのか楽しみだ。

 

■黒田隆憲
ライター、カメラマン、DJ。90年代後半にロックバンドCOKEBERRYでメジャー・デビュー。山下達郎の『サンデー・ソングブック』で紹介され話題に。ライターとしては、スタジオワークの経験を活かし、楽器や機材に精通した文章に定評がある。2013年には、世界で唯一の「マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン公認カメラマン」として世界各地で撮影をおこなった。主な共著に『シューゲイザー・ディスクガイド』『ビートルズの遺伝子ディスクガイド』、著著に『プライベート・スタジオ作曲術』『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』『メロディがひらめくとき』など。

ブログ
Facebook
Twitter

■リリース情報
メジャーデビューE.P.『明日へ』
2019年3月6日(水)リリース
初回限定盤:CD+DVD ¥2,000(+税)
通常盤:CD ¥1,300(+税)

<CD収録曲>
M1 ここにいること
M2 戯言〜ひとりごと〜
M3 夢物語 
M4 しののめ

DVD「ここにいること」MUSIC VIDEO 
「2018.11.17 LIVEドキュメント」

■全国ツアー情報
『琴音 1st note TOUR 2019 -明日へ- 』
3月17日(日)名古屋ell. FITS ALL(愛知)16時/16時30分
サンデーフォークプロモーション名古屋 052-320-9100

3月24日(日)南堀江knave(大阪)15時30分/16時
キョードーインフォメーション 0570-200-888

3月31日(日)長岡市民交流ホールA(新潟)16時30分/17時
キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

4月3日(水)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京)18時30分/19時
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

※全席指定 ¥3,900(税込)/立見(名古屋・大阪・東京)¥3,500(税込)
※別途ドリンク代(名古屋・大阪・東京)

■イベント情報
インストアイベント
東京
日時:2019年3月9日(土)12時スタート
場所:タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード新宿店、渋谷店
問い合わせ先:タワーレコード新宿店 03-5360-7811

大阪
日時:2019年3月10日(日)12時集合/12時30分スタート
場所:タワーレコード梅田NU茶屋町店 6F イベントスペース
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード梅田NU茶屋町店/梅田大阪マルビル店/難波店/神戸店/京都店/あべのHOOP店
問い合わせ先:タワーレコード梅田NU茶屋町店 06-6373-2951

名古屋
日時:2019年3月10日(日)17時スタート
場所:タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
内容:ジャケットサイン会 
対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店/タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
問い合わせ先:タワーレコード名古屋パルコ店 052-264-8545

新潟
日時:2019年3月23日(土)12時スタート
場所:イオンモール新潟南 マリンコート
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード新潟店
問い合わせ先:タワーレコード新潟店 025-383-5831

長岡
日時:2019年3月23日(土)15時30分スタート
場所:リバーサイド千秋 リバーサイドコート
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:We’s長岡店
問い合わせ先:We’s長岡店 0258-25-8899

■関連リンク
琴音OFFICIAL Twitter
琴音OFFICIAL instagram
琴音OFFICIAL HP