Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」

パペットの惨殺現場…!?おばさん刑事×パペット探偵のバディ映画、捜査風景が公開

ナタリー

19/1/11(金) 10:00

「セサミストリート」のジム・ヘンソンカンパニーが製作した「パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)」の場面写真が到着した。

本作は、人間とパペットが共存する世界で繰り広げられるバディアクションコメディ。ある人質事件でロス市警を罷免され私立探偵になったパペットのフィル・フィリップが、アダルトショップで起きたパペット殺害事件を解明するため、元相棒のおばさん刑事コニーとともに捜査に乗り出す。コニー役をリブート版「ゴーストバスターズ」のメリッサ・マッカーシーが演じ、「セサミストリート」のエルモなどを操ってきた操作師ビル・バレッタがフィルの動きと声を担当している。

9枚の場面写真には、フィルがエリザベス・バンクス演じる元恋人のジェニーやマーヤ・ルドルフ扮する秘書のバブルスと対話している姿のほか、コニーが聞き込み捜査を行うさま、パペットたちが無残に殺害されている現場も切り取られている。

「セサミストリート」のパペット・クリエイター、ジム・ヘンソンの息子であるブライアン・ヘンソンが監督を務めた「パペット大騒査線 追憶の紫影」は、2月22日から東京・シネクイントほか全国でロードショー。

(c)2018 STX PRODUCTIONS, LLC. All Rights Reserved.