Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

桑原裕子

桑原裕子「荒れ野」第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞

ナタリー

19/2/4(月) 12:05

桑原裕子「荒れ野」が、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した。

小説、戯曲・シナリオ、随筆・紀行、評論・伝記、詩歌俳句、研究・翻訳の全6部門からなる読売文学賞は、戦後の文芸復興の一助とするため、1949年度に創設された総合文学賞。70回目の開催となる今回は、桑原のほか、平野啓一郎「ある男」や、古井戸秀夫「評伝 鶴屋南北」などが各賞を獲得し、池澤夏樹、荻野アンナ、川上弘美、川村湊、高橋睦郎、辻原登、沼野充義、野田秀樹、松浦寿輝、渡辺保が選考委員を務めた。贈賞式は2月20日に東京・帝国ホテル 東京で開催される。

2017年11月から12月にかけて愛知、福岡、東京で上演された「荒れ野」は、愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLATの開館5年を記念して企画されたもの。正反対の人生を送ってきた2人の女性を軸に、揺れ動く人間模様が描かれる。なお本作は、昨年18年に第5回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞した。

第70回読売文学賞

小説賞

平野啓一郎「ある男」(文藝春秋)

戯曲・シナリオ賞

桑原裕子「荒れ野」(「悲劇喜劇」2018年5月号)

随筆・紀行賞

西成彦「外地巡礼『越境的』日本語文学論」(みすず書房)

評論・伝記賞

渡辺京二「バテレンの世紀」(新潮社)

詩歌俳句賞

時里二郎 詩集「名井島」(思潮社)

研究・翻訳賞

古井戸秀夫「評伝 鶴屋南北」全2巻(白水社)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える