Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

『ゼロ 一獲千金ゲーム』原作・福本伸行、加藤シゲアキを絶賛 「一緒にお店を経営しても大丈夫」

リアルサウンド

18/7/29(日) 12:00

 毎週日曜日に放送されているドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)の原作者・福本伸行が撮影現場を訪問し、主人公・ゼロを演じる加藤シゲアキらキャストとスタッフを激励した。

 今回で福本と初対面となった加藤は、「福本先生に来ていただくということでやはり緊張があったというか、現場も朝から『ざわ…ざわ…』していました(笑)」と福本作品おなじみの擬音フレーズを交えて喜びを伝えた。一方福本は、「ちょっとお話ししただけで、ゼロの善良なオーラが加藤さん自身から感じられました。そのオーラがドラマ版のゼロの根底に流れていると思います。加藤さんがゼロそのもののような気がしますし、この人とならもし一緒にお店を経営しても大丈夫そうだなと思うぐらい(笑)、信頼できると思いました」と加藤を絶賛。

 また、加藤が福本にオンエアを観た感想を聞いたところ、加藤のゼロ役に太鼓判を押し、「ゼロというキャラクターは元々、普通では考えられないぐらい“善人”の設定なのですが、加藤さんが演じるゼロには、その善良さにリアリティが感じられますし、良い意味で、ふわっとした“世捨て人”のような雰囲気があります。ドラマ版のゼロ像を加藤さんが試行錯誤しながら演じているのを感じます」とコメントしている。

 原作コミックがいつも置いてあるという撮影現場。しかし本作では、原作から微妙な変化を持たせている。その点を加藤が尋ねると、「自分の作品が映像化される時はいつも、役者さんが演じるものを尊重しています。これから話が進むにつれ、ますます戦いが厳しくなっていく中で、ゼロは身近な人間に対して怒りや憎しみは出さないけれど、もっと大きな悪に対してふつふつとした怒りを抱いてくるようになります。そういうところが演じる上で難し
いと思います。スケールが必要な役かもしれないですね」と福本は答え、加藤は深くうなずいていた。

 ハードな撮影が続く中での福本の激励に力をもらった加藤は、「この作品に出会えて、演じられることをとても嬉しく思います。ただ、大変ありがたいことに、先生が考えた究極のゲームが面白過ぎて、それをドラマで再現するために撮影がめちゃめちゃ大変です(笑)。ドラマもこれからまだまだ面白くなると思いますし、NEWSの他のメンバーも出演させてもらうので、頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 また、福本は報道陣の取材に応じ、「『賭博覇王伝 零』は少年誌での連載だったこともあって、僕の描いたものの中でも展開が早くスピード感のある作品です。マンガ同様、ドラマでも次々と出てくる斬新なゲームを頭脳戦で解いていきますが、続けて見てもらえると、それぞれのゲームにどういう種明かしがあるのかを楽しんでいただけるのではないでしょうか。とにかく、零はゲームの詳細なルール設定を産み出すことに、とても苦労した作品です。ゲームを攻略する“種明かし”の部分はぜひ、楽しみにしていて下さい」とコメントした。

 7月29日に放送される『ゼロ 一獲千金ゲーム』第3話で描かれるのは、4方向のうち1つしかないセーフエリアへ飛ばなければ、奈落の底に転落する生存率25%の「クォータージャンプ」の後編。声役のカズヤ(増田貴久)はアウトエリアから目隠しされたゼロ(加藤シゲアキ)を自分が正解の方向にいると嘘をつく。カズヤは学生時代に受けた屈辱からゼロの死を願っていたのだった。ゼロはカズヤを信じてアウトエリアへ飛ぼうとするが……。衝撃の展開が待ち受ける。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play