Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

菅田将暉(撮影:上飯坂一)

菅田将暉、リキッドワンマンであいみょんや石崎ひゅーいカバー

ナタリー

18/11/16(金) 20:18

菅田将暉が昨日11月15日に東京・LIQUIDROOMにてワンマンライブ「SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM」を開催した。

今年2月に東名阪で行った「菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018」以来のライブとなったこの日。バンドメンバーと共にそろいのトレンチコートに身を包んで登場した菅田は、2ndシングル「呼吸」でライブを開始した。「さよならエレジー」ではアコースティックギターをかき鳴らしながら歌い、オーディエンスのテンションを引き上げていく。その後、熱気に満ちたフロアに向かって「あっついね!! トレンチ失敗したわ。でもまだ脱ぎません(笑)! 皆さんも1回ちょっと下がりましょうか」と観客をクールダウンさせたのち、「雨が上がる頃に」「いいんだよ、きっと」といったアップテンポのナンバーを飛び跳ねながら披露。以前よりもリラックスしながら、ライブを楽しんでいる様子を見せていた。5曲目の「台詞」を歌い終えたところで「そろそろ限界っすね」とトレンチコートを脱ぎ、ホワイトデニムのジャケットに着替えパフォーマンスを続けた。

「一昨日、ここ(LIQUIDROOM)でザ・クロマニヨンズのライブを観てたんですよ。うおー! マーシー! ヒロト!ってなりながら同時に、明後日はあそこに自分が立つんかー……って思い。あんなふうに上手なコールアンドレスポンスはできないけれど、こっちはこっちで楽しいし、いいですよね」と憧れのアーティストと同じステージに立っている喜びを明かした菅田。そんなMCを経て彼は、「ばかになっちゃったのかな」を挟みつつ、愛聴しているあいみょんの「ふたりの世界」と、盟友・石崎ひゅーいの「ピリオド」をカバーした。

「ロングホープ・フィリア」の演奏前には、新ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」で教師を演じることに言及し、教師志望だった自身の過去を振り返る。さらに、教師を目指していた古くからの大阪の友人がいると言い、「最近ドラマの撮影で大阪に行ったとき、そいつのことを思い出しながら、かつて一緒によく通っていた喫茶店に入って。するとその瞬間、ちょうどそいつから来年度から正式に教師になることが決定したよ、という連絡が来て!!」と奇跡的なエピソードを熱弁。さらに「すごい縁ですし、いいタイミングだなあって思いました。この曲のレコーディング時には彼のことを思いながら歌っていましたし。今ではこうやってバンドメンバーみたいに友達もいるし、皆さんにもそれぞれ友達がいると思います。そういう人たちとの末長い希望を信じ、願って歌いたいと思います」と歌詞を噛み締めるように歌い上げた。続けて、「もう1人、大事な友人に出会った曲を」と米津玄師との共作曲「灰色と青」をパフォーマンスした。本編の終盤では「ソフトビニールフィギア」「見たこともない景色」「ピンクのアフロにカザールかけて」の3曲を一気に畳みかけ、フロアに熱気をもたらした。

アンコールでは菅田がアコースティックギターを抱え、「前回のライブではアンコールで『茜色の夕日』を弾き語りさせてもらいました。自分に試練を、ということで、アンコール開けには同じく弾き語りをしてみようかな、と思います」と意気込み、石崎ひゅーい制作の未発表曲「クローバー」を初披露。そして、再びバンドメンバーがステージに集ったところで、菅田自身が作詞作曲した「ゆらゆら」を届けてワンマンライブはフィナーレを迎えた。なお、最後に菅田は「俳優業をしていても普段はほとんど会えないじゃないですか。だからこそ、役とは関係のない時間を過ごせることをすごく幸せに思っています。なので、これからも続けていきたいと思います」とアーティストとして活動を続けることを宣言して、ステージをあとにした。

菅田将暉「SUDA MASAKI LIVE@LIQUIDROOM」2018年11月15日 LIQUIDROOM セットリスト

01. 呼吸
02. さよならエレジー
03. 雨が上がる頃に
04. いいんだよ、きっと
05. 台詞
06. ふたりの世界(オリジナル:あいみょん)
07. ばかになっちゃったのかな
08. ピリオド(オリジナル:石崎ひゅーい)
09. ロングホープ・フィリア
10. 灰色と青
11. ソフトビニールフィギア
12. 見たこともない景色
13. ピンクのアフロにカザールかけて
<アンコール>
14. クローバー
15. ゆらゆら

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play