Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

左から田川隼嗣、内田慈。(撮影:吉次史成)

木ノ下歌舞伎「摂州合邦辻」の田川隼嗣、内田慈は「お母さんに近いイメージ」

ナタリー

18/10/3(水) 18:00

来年2019年2月から3月にかけ、京都、愛知、神奈川にて上演される木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」のビジュアル撮影が過日、東京都内にて行われた。

本公演は、木ノ下歌舞伎と京都・ロームシアター京都による共同制作企画“レパートリーの創造”の第2弾。第1弾「心中天の網島ー2017リクリエーション版ー」に続き、FUKAIPRODUCE羽衣の糸井幸之介が上演台本・演出・音楽を務め、監修・補綴・上演台本を木ノ下裕一が担当する。

撮影に臨んだのは、物語の主人公・玉手御前役の内田慈と、俊徳丸役の田川隼嗣。カメラマンは、照明を落とした空間で、2人の目や手、脚など身体の一部に焦点を当て、次々とシャッターを切っていく。2人はカメラを凝視したり、何かをすくい取るような仕草をしたり、走っている脚の動きをしたりと次々にポーズを取っていく。少し動いただけでも汗が噴き出すような暑い日だったが、田川は真っ直ぐにカメラを見つめ、内田はカメラマンの指示に的確に応じ、それぞれ20分程度の撮影を無事に終えた。

撮影の前には、この日が初対面だと言う2人が、作品に向けての意気込みを語った。オーディションで俊徳丸役を射止めた田川は、合格してすぐに、木ノ下と糸井から、“宿題”として「作品と俊徳丸について自分なりに調べてきてほしい」と言われたと話す。田川は「歌舞伎の作品について調べるのは生まれて初めてで、地元・長崎の図書館をいくつも回ったり、インターネットで調べたりしました」と話し、「調べるうちに、俊徳丸の悲劇的な家族関係と、自分の愛にあふれた家族関係が、同じ家族と言ってもあまりに違うので心が痛くなって……改めて、今回俊徳丸に挑戦できるチャンスをいただけてうれしく思います」と真摯に語る。

その発言に「田川さんがすごく真面目で焦っています(笑)」と語るのは内田。木ノ下歌舞伎作品には初出演だが、木ノ下、糸井とはすでに親交があり、糸井からは「出演者の多くが三十代。そんな三十代なりの色気を乗せた、エネルギーのある舞台にしたい」と聞いたと語る。さらに「古典ではありますが、背負っているものは違っても、“そこに一生懸命生きている人たち”という意味では皆同じ。稽古が進むにつれ、すごいエネルギーが生まれてくるんじゃないでしょうか」と期待をのぞかせた。

物語の中では、義理の親子でありながら、玉手御前の俊徳丸に対する恋愛感情が見え隠れするという2人の間柄。互いの印象を尋ねると、「お母さんに近いイメージです」と田川が答え、内田は「先にお母さんって言われちゃうと……」と苦笑しつつ、「キャストの中で、田川さんの周りには違う風が吹いてますね」と述べ、2人は笑顔で見合った。

また本作は「摂州合邦辻」をベースに、糸井がオリジナル楽曲で綴る音楽劇となる。「歌に苦手意識がある」と言う田川は、「今回はどれだけ自分の歌に対する抵抗をなくしていけるかが挑戦です」と意気込みを見せる。1人でカラオケに行くときはできるだけ高いキーの歌ばかり選んで練習をしていると言い、「最近ちょうどいいキーの高さはレミオロメンさんの『3月9日』。最終目標は『粉雪』です」と屈託のない笑顔を見せた。

近年は映像での活動も多く、元アイドルの役から母親役まで幅広い役を演じている内田は、「若いときに演じていた“情念系”の役は、怒りの感情の源が自分の中にある役が多かった。最近は母性を持った人の役を演じることが増えてきていて、例えば何かを守るためとか、自分が何かを受け入れるため、そのひずみとして怒りが表出しているような役があります。今回はそういった点で、これまでやってきたいろいろな役が生きるのではないかと思います」と力強く語った。この日撮影されたビジュアルは近日公開される予定だ。

なおスタッフとキャストに関する新情報も明らかになった。音楽監修をmanzo、振付を北尾亘が手がけるほか、石田迪子、飛田大輔、山森大輔の出演が決定。また10月19日、11月30日、12月13日には古典精読講座「語り継がれる物語、古典への旅」が京都・京都府立図書館で、12月2日には大阪・四天王寺付近にて「まちあるきツアー with まいまい京都」が実施される。さらに木ノ下裕一×糸井幸之介トーク&「心中天の網島-2017 リクリエーション版」上映会やワークショップ「古典のことばを現代語訳する」も予定されている。詳細は続報を待とう。本公演のチケットは、京都公演が10月20日、豊橋公演が11月24日、神奈川公演が12月8日に一般前売りを開始する。

木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」

2019年2月10日(日)・11日(月・祝)
京都府 ロームシアター京都 サウスホール

2019年2月15日(金)・16日(土)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2019年3月14日(木)~17日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

作:菅専助、若竹笛躬
監修・補綴・上演台本:木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽:糸井幸之介
音楽監修:manzo
振付:北尾亘
出演:内田慈、田川隼嗣、土居志央梨、大石将弘、金子岳憲、伊東沙保、西田夏奈子、武谷公雄、石田迪子、飛田大輔、山森大輔

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play