Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

三船雅也&岡田拓郎らが「英国ロックの反骨精神」を語る無料イベント詳細

CINRA.NET

19/3/22(金) 19:12

ライブとトークのイベント『英国ロックにみるカウンターカルチャーの系譜』が、3月30日に東京・丸の内の日本工業倶楽部で開催。同イベントの詳細が発表された。

3月14日から東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される『ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展』に関連して行なわれる同イベント。YouTubeで『BIZARRE TV』として音楽談義を配信している三船雅也(ROTH BART BARON)と岡田拓郎(ex.森は生きている)に加え、音楽ディレクター、ライターの柴崎祐二を招き、ライブパフォーマンスを交えながらイギリスのロックが受け継いできた反骨精神について紐解いていく。

同イベントは2部構成で実施。第1部は「『BIZARRE TV-三船と岡田-』#special」と題し、三船雅也と岡田拓郎によるYouTube番組『BIZARRE TV』にゲストとして柴崎祐二を招く。ライブを織り交ぜながらイギリスのロックの歴史を辿る。

第2部は「ミュージシャンから観る『ラファエル前派の軌跡』展」。三菱一号館美術館で開催中の『ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展』を題材に、ミュージシャンの視点から観た魅力や見どころを解説する。三船雅也、柴崎祐二に加えて、野口玲一(三菱一号館美術館 学芸グループ長)が参加する。

入場は無料。事前の申込が必要となり、予約はPeatixで受付中だ。

『ラスキン生誕200年記念 ラファエル前派の軌跡展』は、1848年に英国美術の刷新を目指してダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ジョン・エヴァレット・ミレイといった当時の前衛画家によって結成された「ラファエル前派」に光を当てる展覧会。ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー、エドワード・バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリスらヴィクトリア朝のイギリスを代表する芸術家たちの作品約150点が展示される。

アプリで読む