Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「夫婦漫才」より。

大地真央&中村梅雀「夫婦漫才」開幕、ラサール石井「昭和歌謡もお楽しみに」

ナタリー

19/2/9(土) 9:53

「夫婦漫才」が昨日2月8日に東京・明治座で開幕した。

2017年に初演された本作は、豊川悦司が脚本・監督を務めたテレビドラマが原作。今回も初演と同じく大地真央と中村梅雀が漫才師役を演じ、脚本を池田テツヒロ、演出をラサール石井が担当する。

時は昭和の大阪。長屋で隣同士の信子と伸郎は、生まれたときからいつも一緒だった。戦後、成長した信子と伸郎は結婚するが、信子が昼夜働きながら子供と義母の世話に奮闘する一方で伸郎は定職に就かずに過ごしていた。夫婦は大げんかを繰り返すが、このけんかが掛け合い漫才のようで面白いと評判を呼び……。

開幕に際しラサールは「とくに40、50、60代の女性は必見! バックに流れる昭和歌謡もお楽しみに」と観客にメッセージを送っている。上演時間は休憩ありの約3時間10分。東京公演は2月17日まで。その後、大阪、岩手、山形、宮城、北海道、青森を巡演する。

ラサール石井コメント

これはいわゆる漫才師のど根性物語ではなく、ごく普通の夫婦が夫婦愛を貫く中で昭和から平成を生き抜いた一女性を描き、お客様が自分の人生と重ね合わせ共感できるようになっています!!
とくに40、50、60代の女性は必見! バックに流れる昭和歌謡もお楽しみに。

「夫婦漫才」

2019年2月8日(金)~17日(日)
東京都 明治座

2019年2月20日(水)~26日(火)
大阪府 新歌舞伎座

2019年3月3日(日)
岩手県 一関文化センター

2019年3月5日(火)
山形県 荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)大ホール

2019年3月7日(木)
宮城県 東京エレクトロンホール宮城

2019年3月12日(火)
北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

2019年3月15日(金)
青森県 リンクステーションホール青森

原作:豊川悦司
演出:ラサール石井
脚本:池田テツヒロ
出演:大地真央、中村梅雀 / 川崎麻世、村上ショージ、竹内都子、上杉祥三 / 野添義弘、福本伸一、弘中麻紀、未沙のえる、南翔太 / 吉沢京子、正司花江 ほか

※川崎麻世の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える