Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

志磨遼平

映像に隠された秘密とは?ドレスコーズ、野方で「どろぼう」上映&トーク

ナタリー

18/10/19(金) 18:16

10月17日に東京・野方区民ホールにてドレスコーズのイベント「『どろぼう』試写会&トークショー」が行われた。

イベント同日にライブ映像作品「どろぼう ~dresscodes plays the dresscodes~」をリリースしたドレスコーズ。今回のイベントはこの映像作品のリリースを記念して行われたもので、同作品の本編の上映とトークコーナーが用意された。

約1時間の上映会が終わると志磨遼平のほか、ライブの演奏メンバーである有島コレスケ、堀嵜ヒロキ、福島健一がステージに登壇。今回のツアーの感想について有島は「椅子のあるライブは性に合ってました」と着席スタイルでの演奏を気に入ったことを明かした。福島は映像内でのミステリアスな雰囲気に合わせ、横にいる有島に耳打ちして自身の思いを代わりに語ってもらったり、ジェスチャーを交えたりしてトークに参加。ところが途中からは志磨たちの「もうしゃべってもいいよ!」という催促を受け、何事もなかったように語り始め、観客たちの笑いを誘った。

志磨たちはこのトークコーナーにて、来場者から募集した質問に答えていった。ライブ「dresscodes plays the dresscodes」では演技を行うシーンがあり、これに関して福島は銃で志磨を撃つ場面を挙げ、「緊張しないでできたのはファイナルだけでした。ほかの公演は手が震えたけど、ファイナルは大丈夫だった」と回想。その答えを聞いた志磨や有島は「殺し慣れてきたんだ」「(『キン肉マン』の)ウォーズマンみたい」と福島をいじった。また堀嵜と志磨は「初日のお客さんの反応が静寂と困惑、と言うか……」「ライブ中ほぼ歓声なかったよね」と、パフォーマンス内容に対して観客たちも最初は戸惑っていたことを振り返った。

さらに「映像でぜひ観て欲しいポイントは?」という質問について、志磨は本編中画面のアスペクト比が変わる部分があることについて触れた。彼はグザヴィエ・ドラン監督の映画作品を参考にしたことを明かし、「『お芝居じゃなくライブ、演技ではなく普段の志磨になっているんじゃないのか?』と言えばいいのかな。そういうことを表現したかったんです」と説明した。このほか4人は「恋をしているとき、一番楽しいのはどんなときですか?」「もし今と違う生き方をしていたら、何になっていましたか?」など映像作品以外についての質問にも答え、ファンとの交流を満喫。最後は巨大プレートを手にして記念撮影を行い、イベントをにぎやかに締めくくった。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play