Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)Kiyonori_Hasegawa

ファンタスティック・ガラ・コンサート オペラとバレエ、一粒で2度美味しい素敵な宴

ぴあ

18/12/29(土) 0:00

“ステージの華”オペラとバレエの両方を一挙に楽しませてくれるイベントとして人気の高い「ファンタスティック・ガラ・コンサート」。2018年のテーマは、“日仏交流160年”にあたるフランスがテーマだ。プログラムには、グノーの「ファウスト」や、今年没後100年のメモリアル作曲家ドビュッシーの「小組曲」に、ビゼーの「カルメン」などなど、粋で優雅なプログラムがずらりと並び、年末の華やかなステージを盛り上げる。
そして、出演者の顔ぶれも素晴らしい。オペラ界からは、司会も兼ねるバリトンの宮本益光に、ソプラノの嘉目真木子&テノールの澤原行正が登場し、美しいアリアの数々を歌い上げ、バレエ界からは、東京バレエ団のプリンシパル上野水香と、榎本弾が登場し、ゴージャスなステージに華を添える。
まさにオペラとバレエの魅力的なエッセンスをギュッと詰め込んだステージを、今年リニューアルしたばかりの神奈川県民ホールで楽しみたい。

プログラム

≪オーケストラ≫

ムソルグスキー(ラヴェル編曲):「展覧会の絵」より
 プロムナード キエフの大門 
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番より第1楽章
ドビュッシー:小組曲よりⅣ.バレエ
マスネ:タイスの瞑想曲

≪オペラ≫

グノー:『ファウスト』より 故郷を離れる前に
ワーグナー:『タンホイザー』より 夕星の歌
レハール:『メリー・ウィドウ』より ヴィリアの歌
マスカーニ:アヴェ・マリア
ビゼー:『カルメン』より 花の歌
プッチーニ:『ラ・ボエーム』より 冷たき手を

≪バレエ≫

チャイコフスキー:『白鳥の湖』より アダージョ

ほか