Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『六本木アートナイト』メインプログラム作家に韓国出身チェ・ジョンファ

CINRA.NET

19/3/19(火) 19:00

5月25日と26日に東京・六本木各所で開催される『六本木アートナイト2019』のメインプログラムアーティストが発表された。

今年で10回目の開催となる『六本木アートナイト』。今回は「夜の旅、昼の夢」をテーマに据えて、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなど世界各地から集まった約50点の作品を紹介する。メインビジュアルはgroovisionsが担当。

発表されたのは、平昌2018冬季オリンピック・パラリンピックの開会式、閉会式のアートディレクターを務めた韓国出身のチェ・ジョンファ。果物や野菜を模したカラフルなバルーン彫刻『フルーツ・ツリー』や、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館を繋ぐインスタレーション作品が登場する。

またプレプログラムとして、アメリカ出身のカート・パーシキーが立ち上げた『Red Ball Project』を展開。5月20日から毎日六本木エリアの異なる場所に直径4.5メートルの巨大な赤いボールが出現する。今後も順次プログラムを発表。

チェ・ジョンファのコメント

HAPPY TOGETHER
すべては輝く。
静かに輝くものなど。
星のように輝くもの。
無用だが美しいものなど。
私も、あなたも、猫も、古い器も。
世の中のすべてのものはもう存在だけでも眩しく光ります。
私はあなたと一緒にその光を集めて編み、さらに大きくて燦爛たる光を作り出そうと思います。
芸術とは、私たちの日常の生活の中に毛細血管のように染み込んでいるものであり、作家
たちだけの専有物ではありません。しがないような日常の物:果物のひとつ、器一対が抱いている本来の存在の大きな世界とその存在の拡張を通じて私たちはお互いに会うようにな
るはずです。
六本木のある夜、あなたが光と色と空気とエネルギーが生動するその刹那に出会えることを願います。