Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

けやき坂46、「レコチョク上半期ランキング」新人1位に 齊藤京子「いつか単独シングルCDも」

リアルサウンド

18/7/6(金) 0:00

 けやき坂46が、「レコチョク上半期ランキング2018」にて新人アーティスト1位を獲得。7月5日に株式会社レコチョク 3Fイベントスペースで受賞式が行われ、柿崎芽実、佐々木美玲、齊藤京子が登壇した。

 けやき坂46は、6月20日に1stアルバム『走り出す瞬間』(デジタルでは『走り出す瞬間 (Complete Edition) 』)をリリース。「レコチョク上半期ランキング」は、2018年1月1日から6月30日までの期間に集計されるが、配信開始からわずか11日間で上半期ランキング新人1位を獲得した。また、本アルバムのリード曲「期待していない自分」は、シングルとしてデイリーランキング最高位8位を獲得。レコチョクの新人ランキングでは、デビュー以来最短での記録となる。

 まずは、株式会社執行役員・柴崎栄太郎氏からグループを代表して佐々木がトロフィーを受け取った。新人ランキング1位を受けて、齊藤は「これもいつも応援していただいているみなさんのおかげだと思っています」、佐々木は「単独アルバムが発売できると聞いた時、大丈夫かなという気持ちもあったんですが、1位をいただけてすごく嬉しいです」、柿崎は「本当に光栄に思います」とそれぞれコメント。司会進行から、アルバム『走り出す瞬間』について聞かれた佐々木は、「デビューアルバムということで、やっとスタート地点に立って走り出す私たちが表現されています」と回答した。

 けやき坂46は、ライブツアー『「走り出す瞬間」ツアー2018』のファイナル公演を7月9日と10日に幕張メッセイベントホールで行う。齊藤はアルバム収録曲「車輪が軋むように君が泣く」を話題に挙げ、「初めてお客さんと全員で合唱する曲になっていて、ツアーでみんなと歌っている時が幸せを感じる瞬間です」と述べた。昨年、同会場で行われたツアー千秋楽を骨折で欠席した柿崎は、「今回のツアー千秋楽では、しっかり全員で元気にステージに立てたらと思います」とリベンジ公演を誓った。また、7月20日、21日、22日の3日間に渡って、欅坂46とけやき坂46によるライブ公演『欅共和国2018』も開催される。佐々木は「年に一回、欅坂46さんとけやき坂46が一緒にできるライブ。あとは野外ライブということも活かして、お客さんと盛り上がれたらと思います」と抱負を語った。

 七夕にかけて願いごとを聞かれた際は、柿崎はクラゲを飼いたい、釣り好きの佐々木はまぐろの一本釣りをしたい、ラーメン好きの齊藤はプロデュースするカップラーメンを作りたいと夢を語った。今後の目標については、柿崎がアルバム収録曲「約束の卵」の歌詞に触れ、「東京ドームに立てるくらい成長できたらなと思います」、佐々木は「日本を飛び出して、世界にも進出できるような国民的アイドルになれたらと思います」、齊藤は「いつか単独シングルCDを出したいです」とそれぞれコメントした。

 最後に佐々木が「これからもけやき坂46は、坂を登り続けていきたいと思いますので、応援をよろしくお願いします」と挨拶し、会見を締めくくった。

(取材・文=渡辺彰浩)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play