Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新春ドラマ特別編「下町ロケット」

「下町ロケット」新春ドラマが放送決定、佃製作所とダーウィンが売り上げ対決

ナタリー

18/12/23(日) 22:20

阿部寛主演ドラマ「下町ロケット」の新春特別編が、1月2日にTBS系で放送される。

本日12月23日に新シリーズの最終回を迎えた本作は、父親が遺した町工場・佃製作所を継いだ元宇宙科学開発機構の研究員・佃航平が、社員たちとともに逆境に立ち向かっていく物語。新春ドラマでは、佃製作所と帝国重工の無人トラクター“ランドクロウ”と、ギアゴーストとダイダロスが手がける“ダーウィン”の売り上げ対決が描かれる。航平を演じる阿部のほか、今期に出演したキャストたちが続投する。

新春ドラマ特別編「下町ロケット」

TBS系 2019年1月2日(水)21:00~23:15

伊與田英徳(プロデューサー)コメント

連続ドラマが終わった後すぐに、ドラマ特別編ができるのは大変光栄だと思います。
日本の農業の未来を救うという夢を追いかけて様々な苦難を乗り越えてきましたが、このスペシャルで新たなステージに突入して、更なるクライマックスを迎えます。これからの日本の農業は、無人トラクターや無人コンバインなどのロボット化が進むなど、ある種の転換期を迎えております。そして、その日本の農業を支えていく、しいては世界の農業を支えていくのが、日本のモノづくりの技術であってほしい。そんな思いが、このドラマの佃製作所をはじめとする技術者の思いに詰め込まれていると思います。技術を支えるのは、人と人の絆だと思います。逆に、人間の嫉妬や、欲望にまみれながら、大企業の壁や、ライバル企業との確執などに立ち向かい、更には自然の大きな力にどう立ち向かっていくのか、色々な世代の方に見ていただけるような感動ドラマになっていると思います。
是非みなさん、お正月にご家族でご覧になって、楽しんでいただければと思います。

(c)TBS