Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

鈴華ゆう子(Vo)

3万人熱狂!和楽器バンド、たまアリで過去最大の「大新年会」

ナタリー

19/1/7(月) 5:00

和楽器バンドが1月5、6日の2日間にわたり、埼玉・さいたまスーパーアリーナにてワンマンライブ「和楽器バンド 大新年会2019さいたまスーパーアリーナ2days ~竜宮ノ扉~」を開催。約3万人を動員した。

過去最大規模での開催となった「大新年会」は16時過ぎにスタート。メンバー紹介の映像が映し出されると会場は歓声に包まれ、そののちにメンバーはゴンドラで登場した。観客がさらなる興奮に包まれる中、メンバーは「光の中で」を1曲目に披露。そして代表曲「千本桜」へ突入すると場内のボルテージは一気に最高潮に達した。

その後も亜沙(B)と神永大輔(尺八)による“バトル演出”や、いぶくろ聖志(筝)と鈴華ゆう子(Vo)による和の世界観を感じさせるステージが観客を楽しませる。センターステージにメンバー8人が集まって披露された「細雪」「オキノタユウ」は、いぶくろと黒流(和太鼓)と山葵(Dr)の3人が観客と近い場所で演奏するという、これまでにないポジションでのパフォーマンスとなった。

そして後半は町屋(G, Vo)と蜷川べに(津軽三味線)によるバトルから始まり、「Strong Fate」では黒流と山葵による和太鼓とドラムのバトルから2人がフライングで宙を舞うという、初の試みの演出も観客を大いに沸かせた。本編ラストは「暁ノ糸」で鈴華と共に観客も総立ちになって曲を歌い上げ、最高の盛り上がりと共に本編は締めくくられた。

メンバーがステージを去ると会場から「暁ノ糸」の合唱が沸き起こり、再びメンバーが登場。鈴華の独唱から始まった「華火」では圧倒的な歌唱力に会場が静まり返る。そしてバンドはガリバーのCMソング「あっぱれが正義。」を初披露。最後は「空の極みへ」を届け、2日間に渡る大新年会の幕を下ろした。

なお、本公演の模様を収めたDVDとBlu-rayが3月20日に発売されることが発表された。詳細は追って発表されるので、ファンはこちらの続報も楽しみにしておこう。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える