Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」第1話完成披露試写会にて、前列左から黒木瞳、向井理、渡部篤郎。後列左から三浦貴大、山本耕史、原田泰造、美村里江。

向井理、医療AI描く主演ドラマを「テーマは壮大だけど人間ドラマ」とアピール

ナタリー

18/11/7(水) 21:42

「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」の第1話完成披露試写会が、本日11月7日に東京・スパイラルホールで行われ、キャストの向井理、黒木瞳、美村里江、三浦貴大、山本耕史、原田泰造、渡部篤郎らが登壇した。

革命的な発明により“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描いてきた同シリーズ。これまでがんの特効薬、遺伝子組み換え食品、自殺防止治療法、クローン人間が題材として扱われ、本作では医療用AIを開発した医学者・鈴木哲郎を主人公に、人工知能が社会にもたらす影響が浮き彫りになっていく。

鈴木を演じた向井は「10年続く『パンドラ』シリーズに参加させていただき光栄です。毎日楽しい撮影現場で、打ち上げまで滞りなく終わりました(笑)」と報告。登壇者の中では渡部のみ初共演だったそうで、向井は「怖い人だったらどうしようと思っていたんですけど、とてもフランクで。大人なんですが遊び心のある方でした」と印象を述べ「今のでどうでしょうか?」と本人に確認する。渡部は「うん、いいね」と納得して「向井くんは人としてとても誠実だった。誠実な人間であることがとても魅力的で大事なことなんだと学ばせてもらいました……いいこと言った気がするな」と照れ笑いし、向井とほほえみ合った。

黒木は個性の強い医師会会長役ということで「(脚本の)井上(由美子)先生から『上品な中にある下品さを楽しんで』と言われ、これまた難題だなと。ハードルが高かったです」と役の難しさを述懐。また向井と同じく医師に扮した原田は、鈴木と対立する役どころだったため「前回(向井と)共演したときは一緒にお風呂に入るような仲のいい役で。今回は同じ空気を吸うのも嫌なほどのバチバチ感でした。楽しかったね」と振り返る。

また美村は「役者は“ふり”をするのが大事ですが、AIの存在によって看護師さんらしい動きがないので大変でした。このままAIが進化していくと、“ふり”をする手段が変わってくるかもしれないと肌で感じました」と演じるうえでの苦労を告白。三浦も「AIが進化したら(今回演じた)弁護士の仕事がなくなるかも、俳優という仕事もなくなるかもと、暗い気持ちになりながらも(笑)、技術の進歩というものにわくわくしながら演じました」と率直な思いを口にする。山本は過去の同シリーズにも出演しており「毎回、何か問題を起こす主人公の名前が鈴木なんです。いい加減気付けよ!と思いますが、今回も(自分の役は)気付けませんでした」とジョークを飛ばした。

最後に向井は「人間たちが技術とどう向き合っていくのか。テーマとしては壮大ですが、人間ドラマだと思って演じていました。そういった新しい人間ドラマを観れるのはWOWOWの真骨頂。強い意気込みを感じますし、その真骨頂が『パンドラ』だと思っています」と視聴者に向けてアピールした。

なおイベントの冒頭には、本作の脚本家である井上由美子と監督の河毛俊作も登壇。井上は「AIによって変わってしまうもの、そして変わらないものに目を向けて(脚本を)書きました。俳優さんたちの熱演は本当に素晴らしく、俳優という職業だけはどんなにAIが普及してもなくならないと感じていただけると思います」と太鼓判を押す。河毛は「AIものというと(AIが)しゃべったりヒューマノイドであることが多い。でも本作ではもっとリアルでクールな、システムとしてのAIを描きたかった」と話し、AIの実態より目的を特化させたということを強調した。

全6話からなる「連続ドラマW パンドラIV AI戦争」は、WOWOWプライムで毎週日曜22時よりオンエア。第1話は無料放送される。

連続ドラマW パンドラIV AI戦争

WOWOWプライム 2018年11月11日(日)スタート 毎週日曜 22:00~

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play