Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ホームタウン』リヴァース・クオモ、ホリエアツシら共作曲も

リアルサウンド

18/11/7(水) 12:00

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、12月5日にリリースのニューアルバム『ホームタウン』のジャケットアートワークを公開。ジャケットのイラストはこれまで同様、中村佑介が手掛けている。

(関連:ASIAN KUNG-FU GENERATION、『BONES & YAMS』ツアーの音から感じた“揺るぎない自信”

 ジャケットとあわせて収録内容も明らかに。先行シングル「ボーイズ&ガールズ」、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』主題歌「荒野を歩け」のほか、Weezerのリヴァース・クオモ、ブッチ・ウォーカーと後藤正文(Vo/Gt)の共作「クロックワーク」、同じくWeezer、リヴァース・クオモと後藤の共作「ダンシングガール」など、バンドの音楽的ルーツとも言えるパワーポップを主軸とした全10曲を収録する。

 さらに、初回生産限定盤に付属するCD『Can’t Sleep EP』には、FEEDERのグラント・ニコラスと後藤による「スリープ」、ストレイテナー・ホリエアツシが作曲を手がけ、一部ボーカルでも参加した「廃墟の記憶」、山田貴洋(Ba)初の歌唱楽曲「イエロー」、THE CHARM PARKが作曲を手掛けた「はじまりの季節」など、バリエーション豊かな5曲を収録。「荒野を歩け」「ボーイズ&ガールズ」「生者のマーチ」は最新ミックスにて収められているという。

 さらに初回生産限定盤付属DVDには、昨年行われたアメリカツアーより南米編のライブや海外ファンの私生活を追いかけたライブドキュメンタリーを収録。ツアー中のメンバーの素顔や、海外ファンの熱量の一端を垣間見ることができる、貴重な映像作品に仕上がっているとのこと。

 なお、アルバムタイトルトラック「ホームタウン」は、本日11月7日に『SONAR MUSIC』(J-WAVE(81.3FM))にて初オンエアされる。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play