Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「SID 15th Anniversary ASIA TOUR "THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019"」の様子。

シド、アジアツアー完走「また必ず帰ってきます!」

ナタリー

19/3/1(金) 14:36

シドが2月24日に中国・北京のTango Live Houseでアジアツアー「SID 15th Anniversary ASIA TOUR "THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019"」のファイナル公演を開催した。

台湾・台北、香港、中国・上海、中国・北京の4カ所で展開されたこのツアー。「ANNIVERSARY」でライブをスタートさせたシドは、続く「VOICE」で初の北京公演とは思えないほどの大合唱を巻き起こした。「アイ! ベイジン!」(北京、愛してます!)と中国語で挨拶したマオ(Vo)は、「その未来ヘ」のサビを中国語で歌い上げる。公演中はメンバー全員がほとんどのMCを中国語で行い、オーディエンスを驚かせた。

その後「嘘」やLiSAに提供した楽曲「ASH」、テレビアニメ「マギ The labyrinth of magic」のオープニングテーマ「V.I.P」といったナンバーが続き、場内は大盛り上がり。そして「ダージャーシーファンシアティアンマ?」(みんな夏は好き?)というマオのかけ声と共に「夏恋」の演奏がスタート。「ラバーソール」「プロポーズ」で会場を熱気で満たしたシドは「one way」でライブ本編を締めくくった。

ファンの盛大なアンコールに応えて、再びステージに姿を現したシドは「モノクロのキス」「エール」といった楽曲をパフォーマンス。マオは「北京のみんなが、いつもがんばって日本語で手紙やメッセージをくれるから、今回は俺たちががんばって中国語で伝えてみました。いつもありがとう」と今度は日本語でしっかりと思いを伝えた。この日のラストを飾った楽曲は「いちばん好きな場所」。マオは最後に「また必ず帰ってきます!」と誓い、アジア―ツアーに幕を下ろした。

マオ(Vo)コメント

上海・北京を含む初の4都市をしっかり周るツアーだったこともあり、とても勉強になるツアーでした。現地のファンの方々の温かさに本当に支えられたツアーだったなと思います。そして、日本のファンの子たちも参加してくれていて、顔を見るとホッとしたりしました。ここから3月10日の横浜アリーナにしっかりと繋げていけたらと思います。

Shinji(G)コメント

アジアツアーお疲れ様でした。5年ぶりのアジアツアーでしたが、ファンの皆さんのパワーが大きくなっているように感じました。ライブでは僕たちシドも自然と体が動いてしまい、どの都市の公演でも楽しむことができました。また近いうちに戻ってきたいと思っています。待っていてください。

明希(B)コメント

今回アジアツアー4本、バンドにとっても大きな経験値となる素晴らしい企画になりました。凄く感謝しています。
初めてライブを行った都市や、5年間もお待たせしてしまった都市もありましたが、各地ファンのみなさんが本当に温かく迎えてくれたことが嬉しかったです。本当にまた近いうちにライブができればと思っています。ワンマン公演だけでなく、他にも機会があればイベントやフェスにも出演してみたいと感じました。またライブを行う際には、是非応援してください。

ゆうや(Dr)コメント

台北・香港・上海・北京と初の4都市でのアジアツアーを周ってきましたが、現地のファンの方々がシドを本当に心待ちにしてくれて、さらにライブでも非常に盛り上がってくれて嬉しかったです。場所は違っても音楽というのは。世界共通なのだと改めて認識しました。また、機材面など、慣れない環境の中でチャンレンジングなライブもあり、これからのシドの活動に活きるような、気づきの多いツアーになりました。今回のアジアツアーでの経験を、3月10日の横浜アリーナ公演にしっかり活かしていきたいです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える