Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から神木隆之介、有村架純。

「フォルトゥナの瞳」神木隆之介と有村架純、心理テスト結果は「無難」「振られ体質」

ナタリー

19/2/12(火) 20:31

「フォルトゥナの瞳」の公開直前イベントが、本日2月12日に東京・秋葉原UDXシアターにて開催され、神木隆之介と有村架純が登壇した。

百田尚樹の原作を三木孝浩が映画化した本作は、「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年・木山慎一郎と彼が愛する女性・桐生葵の姿を描いたファンタジーラブストーリー。

木山役の神木は、2018年5月の撮影を振り返りながら「もうすぐ公開ですから、時の流れは速いもので……」としみじみコメント。彼にとって初めての恋愛映画であることから、葵役の有村は「神木くんの初めての瞬間に携わらせてもらえるのが光栄。これだけ経歴が長いのに、まだ初めてのことがあるの!?(笑)」と笑った。

このイベントでは、恋愛における“献身度”を測る心理テストを実施。「恋人へのサプライズプレゼントとして用意するなら? A、いきなりの海外旅行? B、高価なペアリング?」と聞かれた神木は「英語しゃべれないんでね、僕。(海外)行けないんです」と言ってBを選び、「相手とのつながりをまずは物品で補う、ややドライなタイプ」と診断される。計5つの質問の答えが発表されると、神木は自身の結診断果をまとめて「外見主義で、物品で補う、自信家!」と自虐してみせた。

しかし総合的な結果では、神木は「ほどよい距離感。ただの無難な人タイプ」と、有村は「ちょっと重たい!? 振られ体質」と診断されてしまう。有村は「そっか、重たいんだあ……」と悲しげにつぶやき、神木は「僕は物品で補うような人間ですけど、木山くんはそうじゃないので!」と役をアピールした。

終盤には、明日2月13日に26歳の誕生日を迎える有村へ、神木からサプライズプレゼントが。透明なゼリーとフルーツでできた“透けるケーキ”がステージに運び込まれ、神木と観客が歌で有村を祝福する。イベント前に神木自身がケーキにデコレーションを施しているメイキング写真がスクリーンに投影されると、有村は「これ、りゅうちゃんがやったの!? ありがとう!」と感激し、神木は「僕が書いたんですよ。うわーってやって、ばーって乾かして」と雑な説明で笑いを起こした。また、有村のためにケーキを取り分けることになった神木だが、スプーンの小ささとゼリーの固さに大苦戦。やっとのことでケーキにありついた有村は、味に大満足だったようで「ビタミン不足だったからうれしいです」と笑顔を見せた。

最後に神木は「この物語は慎一郎と葵の運命のラブストーリーと言っていますが、皆さんのストーリーでもあります。自分が同じ運命に遭ったらどういう選択をするんだろう?と考えていただけたらうれしいです」と挨拶する。続けて、これから本編を鑑賞する観客へ「公開までまだ3日間、結末は内緒にしておいてください」と訴えかけた。

「フォルトゥナの瞳」は、2月15日より全国でロードショー。

(c)2019映画「フォルトゥナの瞳」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える