Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

©1982 UNIVERSAL CITY STUDIOS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

J・カーペンター『遊星からの物体X』リマスター版公開、黒沢清コメント到着

CINRA.NET

18/8/16(木) 8:00

映画『遊星からの物体X』のデジタルリマスター版が、10月19日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開される。

1982年公開の『遊星からの物体X』は、『ハロウィン』『ニューヨーク1997』などで知られるジョン・カーペンター監督が、1951年に公開されたハワード・ホークス製作による『遊星よりの物体X』をリメイクした作品。南極基地に現れた宇宙生物と12人の隊員たちの死闘を描く。原題は『THE THING』、原作はジョン・ウッド・キャンベル・ジュニアのSFスリラー小説『影が行く』。

主人公を演じたのはカート・ラッセル。未知の生物の造型は、『ロボコップ』『セブン』『ミッション:インポッシブル』などの特殊メイクアップアーティストのロブ・ボッティン、音楽はエンニオ・モリコーネが手掛けた。

約36年ぶりのスクリーン公開にあたって、黒沢清監督は「凄い特殊造形と、凄い俳優と、凄い音楽があれば凄い映画ができ上がる。他は何もいらない。それは、1982年カーペンターのこの作品によって実証された映画の基本原理だ」とコメント。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play