Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

AKB48 柏木由紀、“流行り言葉”への適応力は?「半分諦めかけてるというか……」

リアルサウンド

18/9/26(水) 12:40

 ウーマンラッシュアワーが司会を務める『AKBINGO!』(日本テレビ系)9月25日放送分にて、「言葉は難しひらめけ乙女!日本語なでしこバトル」後編の模様がオンエアされた。

 今回は、柏木由紀(AKB48、NGT48)らによる浴衣チームと、達家真姫宝(AKB48)らによる袴チームに分かれてバトル。第1回戦目は「イメージ広辞苑クイズ!」。同クイズは、街行く人々が何の新語について説明しているかAKBメンバーが当てるというもの。村本大輔(ウーマンラッシュアワー)は柏木に「最近の流行り言葉ついていけてますか?」と話を振ると、柏木は「はい、もちろん! 若いメンバーばかりで楽屋で会話も聞いてるので」と返答。しかし、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)に「素直に受け止めてます?」と聞かれると、柏木は「半分諦めかけてるというか……」と新語の理解に対して少々弱気な一面を見せた。バトルでは、「きぃちゃん(AKB48 佐藤妃星)はそれになりたいんだけどなりきれない」という新語の説明に対し、袴チームが「アイドル!」「リーダー!」など解答。村本は「やめなさい、VTR使ってきぃちゃんディスるコーナーちゃうぞ」と、悲しげな顔を見せる佐藤にフォローを入れる。続けて「きぃちゃんが答えてもいいだよ」と佐藤に解答権を与え、佐藤は「頼れる お姉さん」と弱々しく答えるも、不正解の効果音が。すると、村本がすかさず「これは、なれないの“ブー”ね」とコメントし笑いを誘った。最後には、佐藤が「小悪魔!」と答えて、正解に。

 第2回戦は「なりきりカルタで〇〇っぽいフレーズ!』。出されたお題に対し、そのお題が言いそうなセリフを想像して答えるというバトル。「医者が言いそうなこと」というお題に対し、袴チーム・佐藤が「カルタ取ってきてくれる?」と“カルタ”と“カルテ”を言い間違えてしまい、村本から「手術中にそんなんされたらたまったもんじゃないですよ」と突っ込まれる場面も。一方で、浴衣チームは「かぜ薬出しておきますね」、「無理な運動は控えて下さい」などお題に合うセリフを立て続けに答えて勝利。続いて「お金持ちが言いそうなこと」というお題には、袴チームが「世界は私のために回ってるのよ」「家もう1軒あるから大丈夫」などのセリフでリードするも、浴衣チームも徐々に勢いをつけて後を追う。最後には、浴衣チーム・野澤玲奈と袴チーム・達家真姫宝による1対1の勝負に。野澤は「留守しちゃうよ」と泥棒を挑発するようなユーモアあるセリフを考え、勝利した。

 最終決戦は「ロングワード64」。これは、64マスをお題に沿った言葉でより早く埋めた方が勝利というルール。できるだけ長いワードを考えることがカギとなる競技だ。出されたお題は「お笑い芸人のコンビ名」。浴衣チームは「ウーマンラッシュアワー」、「くりーむしちゅー」、「博多華丸大吉」などと文字数を稼ぎ続け、勝利した。浴衣チームキャプテンの柏木は、ファインプレーを続けたメンバーに対し「みんな意外と頭いいですね」と鼻を触りながらコメント。すると村本から「鼻くそほじりながら言うのやめてと」とツッコミが。柏木は「考えてたの!」と必死で否定し、番組は終了した。次回の放送では「激辛祭り」をオンエア予定だ。

(文=向原康太)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play