Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

左から有村架純、竹内涼真。

有村架純と竹内涼真「ひよっこ」コンビが橋田賞授賞式に出席、素敵な再会喜ぶ

ナタリー

18/7/18(水) 19:13

第26回橋田賞新人賞を受賞した有村架純と竹内涼真が、本日7月18日、東京・ホテルニューオータニで行われた授賞式に出席した。

有村は2017年度上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で主人公・みね子を演じた。本日の授賞式には共演者の竹内と脚本家の岡田惠和も出席しており、有村は「素敵な再会ができてうれしいです」と笑顔を浮かべる。作品については「役者人生と言ってもまだまだですが、その中で財産となった作品です。これからもずっと忘れることはありません」と深い思いを口にし、「1年間の撮影期間という長い作品ではありましたが、何よりみね子を演じる毎日がものすごく楽しくて……」と撮影の日々を述懐。「これからも演じることに慣れることなく、1人ひとりの役に精一杯向き合ってがんばっていきたいです」と決意を述べた。

竹内は「ひよっこ」のほか、テレビドラマ「陸王」に実業団ランナー・茂木裕人役で出演。「この仕事を始めて5年経ちますが、芸能界という世界に入ってよかったと思っています。映画やドラマは“嘘”をやっていますが、観ている皆さんから『明日もがんばろう』『元気になった』という声をいただけるということが素晴らしいです」と感慨深そうに語る。また「視聴者の方々のために寝る間も惜しんでがんばり続けるスタッフの皆さん。その姿に僕は感動して、僕らも命を懸けて役を演じなくてはいけないなと思っています」と熱い胸の内を明かした。

橋田文化財団の理事を務める脚本家・橋田壽賀子は、本日始めて会ったという2人を「本当に素敵」と絶賛する。「コーヒーが冷めないうちに」「かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―」やドラマ「中学聖日記」など主演作が続く有村には「ぜひ拝見します」と期待を伝え、竹内には「本当に素敵な坊や!」と声をかけて会場の笑いを誘った。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play