Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

浅草九劇の外観。

浅草九劇賞が2019年1月に創設、プロデューサーの佐々木弘毅「浅草から世界に」

ナタリー

18/8/6(月) 18:00

東京・浅草九劇が、2019年1月に浅草九劇賞を設立することを発表した。

浅草九劇賞は、“表現欲求があふれ出すクリエイターのためのエンタメ賞”と銘打たれた賞。演劇、ダンス、お笑い、音楽ライブ、展示など、ジャンルを問わず、2019年1月1日から12月31日までの期間に浅草九劇で発表された作品、団体、出演者が審査対象となる。設立にあたり、劇場プロデューサーの佐々木弘毅は「もっとたくさんの団体やクリエイターの皆様に、浅草から世界に羽ばたいてもらえればとても嬉しいです」とコメントした。

なお同劇場が今後の活躍に最も期待する作品・団体に贈られる浅草九劇賞は賞金50万円、同劇場で初めて公演を行った団体・個人の中から選出される浅草ニューフェイス賞には21年1月1日から31日までのうち、1週間劇場を無料で借りることができる権利、そしてベストパフォーマー賞には賞金30万円が送られる。

佐々木弘毅コメント

浅草九劇ができて2年目の夏になりました。毎日暑いですね。
いろいろ考えて、もっといろんな団体やクリエイターに出会いたいなと思い、賞を作ることにしました。
1年目、2年目に劇場を使用してくれた方々ごめんなさい。
浅草九劇は3年目から「浅草九劇賞」始めます。
もっとたくさんの団体やクリエイターの皆様に、浅草から世界に羽ばたいてもらえればとても嬉しいです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play