Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「シュガー・ラッシュ:オンライン」のPRイベントに登壇したチョコレートプラネット。

チョコプラ登壇の映画PRイベントでハプニング発生、松尾が笑いの神に感謝

ナタリー

19/1/9(水) 10:53

昨日1月8日、都内で行われた映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」のPRイベントにチョコレートプラネットが登壇した。

現在公開中の「シュガー・ラッシュ:オンライン」は、ディズニーの長編アニメ映画「シュガー・ラッシュ」の続編。アクションゲームの悪役・ラルフと、レースゲームの最強レーサーにしてプリンセスのヴァネロペがインターネットの世界で冒険を繰り広げる。

本作のヒットを記念して行われた昨日のイベントでは、チョコプラ長田がラルフ、相方・松尾がヴァネロペに扮装し、「ラルフとヴァネロペがチョコレートプラネットだったら?」と題したネタを披露。得意のIKKOや和泉元彌のモノマネを織り交ぜて会場の笑いを誘った。

トークパートに移ると、長田は作品について「最高でした! 1作目を超えてくるファンタジーとスペクタクル。前回は『ストリートファイター』や『ソニック』など、僕ら世代のキャラクターが出ていました。でも今回はインターネットの世界で、まさに今の時代ですよね」と言及。また劇中にYahoo!やAmazonといった実在のサイトが登場することに話が及ぶと、「TTTOWNも出てくるかなぁ」とZOZOの前澤友作社長になりきって話した。

イベントの最後には、インターネットをイメージした電飾のくす玉をチョコプラが割ったが、「祝・大ヒット!」と書かれた幕が裏返しになっているというハプニングが発生。長田は「こんなこと、くす玉界で初めてですよ!」、松尾は「笑いの神様ありがとう!」とそれぞれコメントして場を沸かせていた。

(c)2019 Disney. All Rights Reserved.