Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「私の人生なのに」初日舞台挨拶の様子。左から落合モトキ、知英、稲葉友、原桂之介。

「私の人生なのに」稲葉友と落合モトキが「知英すげえな」と感じたエピソード披露

ナタリー

18/7/14(土) 12:50

「私の人生なのに」の初日舞台挨拶が本日7月14日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの知英、稲葉友、落合モトキ、監督を務めた原桂之介が出席した。

清智英と東きゆうによる同名小説を映画化した本作は、新体操のスター選手でありながら半身不随となり競技人生を絶たれた金城瑞穂が、音楽との出会いをきっかけに新たな夢に向かっていくさまを描いた作品。瑞穂を知英が演じ、瑞穂の幼なじみ・淳之介に稲葉、瑞穂の通う大学でアスレティックトレーナーを務める誉田に落合が扮した。

知英はJY名義で本作の主題歌「涙の理由」を歌っている。知英は「歌いながらギターを弾くことは今までにもやってきたんですが、映画の撮影ということもあり緊張しました。でも監督から『感情が高まってきたら、そこも自然に見せてほしい』と言われていたので瑞穂として歌おうって思いました。アーティストではなく、役として歌う気分は新鮮でした」と話す。

知英の印象を問われた稲葉は「終始役柄に近い空気感でいてくださったので、現場にとてもいやすかった。『知英すげえな』って思いながら過ごしていました」と回想。隣の知英が「『すげえな』ってどういうこと?」と聞くと稲葉は「役でいさせてくれるし、現場を明るくしてくれるし、大変なシーンもあったのにそういう顔をしないし。とにかくかわいらしい1人の女性でいてくれました」と絶賛する。稲葉が「こんな感じでよろしいですか?」と確認すると、知英は「うれしいです!」と照れたように笑った。落合は知英について「とにかく日本語が上手で『知英すげえな』って」と稲葉のコメントをまねて回答。続けて落合は「さっき控室でメイクさんに『ちょっとアホ毛が気になるんです』と言っていて。“アホ毛”を知ってる人って日本人でもそんなにいないでしょ」と暴露する。観客の笑い声の中、知英は「みんな言うでしょ!?」と苦笑していた。

イベントでは登壇者らに「もし別の職業に就くとしたら?」という質問も。「パンダが大好き!」という知英はパンダの調教師、中学校の教員を目指していた稲葉は教員と回答。落合は「ここだけの話、競馬が大好きで」と切り出し、競馬場のスターターになりたいと明かした。原は「この間とある方に焼いたピーマンを食べさせていただいたんですけど、それがめちゃくちゃおいしくて、こういう仕事いいなって思いました」と語る。稲葉が「それってピーマンの農家ってこと? 焼く人ってこと?」と質問すると、原は「焼く人。新しい発見を提供するというか。種ごと焼くとうまいんだよ!」と熱弁し、キャストたちを笑わせていた。

本作の見どころを問われた原は「このシーンだけいい、という印象をお客さんに植え付けたくない」と語り、「エンドロールまで楽しんでください」とアピール。知英は「本当に重く悲しい話じゃなくて、ちょっとセリフが笑えるような映画です。歌とともに楽しんでください」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくった。

「私の人生なのに」は全国で公開中。

(c)2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play