Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小松未可子(撮影:森久)

小松未可子、30歳のバースデーライブでレア曲含む30曲熱唱「本当に楽しかった」

ナタリー

18/11/29(木) 19:38

小松未可子の恒例バースデーライブ「ハピこし!ライブ2018 ~30 years, 30 songs~」が、11月25日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催された。

11月11日に30歳の誕生日を迎えた小松。今回のライブはタイトル通り、現在の年齢にちなんで30曲を披露するという内容で、小松のこれまでのキャリアを総括するステージで集まったファンを楽しませた。

ライブの冒頭では赤ちゃんの頃の小松のかわいらしい写真がステージ上のスクリーンに映し出され、場内には驚きの声が響く。そんな中、バンドメンバーの黒須克彦(B / Q-MHz)、鈴木浩之(Dr / U&DESIGN、GOLIATH、QUADRANGLE)、今井隼(Key)、新井弘毅(G)と共にステージに登場した小松は、1曲目「Sky message」を高らかに熱唱。オーディエンスを一気に惹きつけたあと「『ハピこし!ライブ2018 ~30 years, 30 songs~』へようこそ! 小松未可子です!」と笑顔で挨拶し、「Happy taleはランチの後で」を歌う。ステージ左右のお立ち台に登りながら会場の隅々まで歌声を届ける彼女に、観客は大歓声で応えていた。

続くパートでは「Re:ing」「夏至の果実」「Baby DayZ」など、初期の楽曲をメドレー形式で披露。「波乗りグライダー」では小松とオーディエンスが一斉にタオルを振り回し、場内の一体感を高めた。疾走感に満ちた11曲目「HEARTRAIL」がパフォーマンスされたあと、ステージ上のスクリーンでは「小松大陸」と題した映像の上映が始まる。おなじみの音楽に乗せて公園を歩きながらインタビューに答える小松の姿に、観客は大爆笑。小松は11歳の頃を振り返り、幼少期の自身の姿や歌手を目指したきっかけを語る。映像のナレーションは小松と親交の深い三上枝織が務めていた。

「小松大陸」でファンを和ませたあと再びステージに戻ってきた小松は、「Maybe the next waltz」を今井のピアノイントロが印象的なアコースティックバージョンで歌い、会場の雰囲気を変えていった。ここからはアコースティックアレンジでさまざまな楽曲が披露され、ファンを驚かせる。イントロでどよめきが起こった「Latimer road」、重厚なサウンドでフロアを圧倒した「終わらないメロディーを歌いだしました。」、妖しいピンク色のライトが曲の雰囲気を盛り上げた「Pina colada & Caipirinha」など、幅広いタイプの楽曲で小松の表現力の幅広さをアピールするひとときとなった。

19曲目「M/MASTER」が終わると再び「小松大陸」が始まった。17歳で上京した小松が大学生時代まで住んでいたという戸越銀座でのロケ映像を通じ、小松は一旦アイドルとしてデビューしたものの芸能活動を休止した当時、そして友人の勧めを受けて再びオーディションを受けて芸能界への復帰を目指した心境を語った。

シリアスな歌声で歌詞の世界を表現した「冷たい部屋、一人」に続き激しいロックチューン「群青サバイバル」で会場を盛り上げると、「小松大陸」でナレーションを務めた三上の声が場内に突然流れる。「21歳のこの歳、彼女は運命的な出会いを果たす。そう、この私、三上枝織との出会いだった!」という声に小松がうろたえる中、三上本人がステージに登場してオーディエンスを沸かせた。文化放送のインターネットラジオ番組「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」で共にパーソナリティを務めたことがきっかけで出会った2人は、まもなく10年になる交友関係を振り返りつつ「せっかくだから、あの曲を」と、番組のオープニングテーマ「Open Tuning」をデュエットで披露。熱狂するオーディエンスを前に、小松は「この曲を歌うのは(2015年10月の)番組の卒業イベント以来です!」と楽しそうに話していた。

三上がステージを去ったあとは「また、はじまりの地図」からアッパーチューンを連続で披露。途中に流れた「小松大陸」では、小松が声優としてデビューし音楽活動を開始したときの思いが語られた。その直後にはデビュー曲「Black Holy」を歌い、フロアからは大歓声が沸き起こる。「おねがいフューチャー」「Catch me if you JAZZ」で場内の熱気がピークに達したあと、小松は「小松未可子、30歳になりました! 最後にみんなで歌いましょう!」と挨拶し、30曲目「エンジェルナンバー」を熱唱。オーディエンスは全力で「Happy Birthday!!」と叫んで、小松の誕生日を祝福した。

アンコールの声に応えて再びステージへ現れた小松は、この日歌った30曲を振り返り「懐かしい曲もあったんじゃないですか? ひさびさに歌った曲もいっぱいありました。本当に楽しかったです。どうにか30曲歌い切ったぞ!(笑)」と充実した表情を見せる。ここでバンドが「Happy Birthday to You」を演奏すると、三上が大きなバースデーケーキを運び込んだ。ろうそくの火を吹き消した小松は、三上から今の心境を尋ねられ「やっと誕生日を迎えたな、って気がします」と、バースデーライブを終えた思いを明かしていた。

さらに小松は2019年3月31日に東京・EX THEATER ROPPONGIにてツーマンライブ企画「Humming Maps vol.3」を開催すること、新曲「友情ZABOOOON!!」を11月26日に配信リリースすることを発表。そのまま「友情ZABOOOON!!」をライブ初披露し、パワフルなボーカルでファンを魅了した。その後はサプライズゲストとして田淵智也(Q-MHz、UNISON SQUARE GARDEN)が登場し、黒須とのダブルベースで「Imagine day, Imagine life!」を演奏。熱狂のうちにライブが終了し、小松は何度もファンに向かって「ありがとう!」と叫びながらステージを去っていった。

約2年ぶりの開催となる「Humming Maps vol.3」には、ゲストとして豊永利行の出演が決定している。小松と豊永の公式サイトでは12月5日までチケットの先行予約受付を実施中。

小松未可子「ハピこし!ライブ2018 ~30 years, 30 songs~」2018年11月25日 恵比寿ザ・ガーデンホール セットリスト

01. Sky message
02. Happy taleはランチの後で
03. Re:ing
04. 夏至の果実
05. Baby DayZ
06. Sail away
07. 虹の約束
08. 波乗りグライダー
09. MAGIC RADIO
10. 純真エチュード
11. HEARTRAIL
12. Maybe the next waltz
13. エメラルドの丘を越えて
14. おすしのうた
15. Latimer road
16. 終わらないメロディーを歌いだしました。
17. Pina colada & Caipirinha
18. Romantic noise
19. M/MASTER
20. 冷たい部屋、一人
21. 群青サバイバル
22. Open Tuning
23. また、はじまりの地図
24. だから返事はいらない
25. Black Holy
26. Restart signal
27. My sky Red sky
28. おねがいフューチャー
29. Catch me if you JAZZ
30. エンジェルナンバー
<アンコール>
31. 友情ZABOOOON!!
32. Imagine day, Imagine life!

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play