Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

©2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会

橋本愛主演『ここは退屈迎えに来て』予告編公開 主題歌&劇伴はフジファブ

CINRA.NET

18/7/4(水) 8:00

映画『ここは退屈迎えに来て』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせて主題歌と劇伴をフジファブリックが担当することが発表された。

10月19日から公開される同作は、山内マリコによる連作小説集が原作。上京して10年後に地元に戻り、フリーライターとして冴えない日々を送る27歳の「私」役を橋本愛、元彼「椎名」を忘れられないまま地元で暮らすフリーターの「あたし」役を門脇麦、高校時代に女子生徒の憧れの的だった「椎名くん」役を成田凌が演じるほか、渡辺大知(黒猫チェルシー)、岸井ゆきの、内田理央、柳ゆり菜、村上淳らが共演者に名を連ねる。メガホンをとるのは廣木隆一。

予告編には、夢を諦めて地元に戻った「私」や、ホテルでタバコを吸う「あたし」の姿、椎名や渡辺大知演じる新保の高校時代の様子、高校時代の「私」が「何者かになりたい」と椎名に話すシーンなどが映し出されている。ポスタービジュアルでは「私」「あたし」「椎名くん」の姿に加えて、「青春の後にあるものは?」というキャッチコピーが確認できる。

あわせて発表された主題歌は、フジファブリックによる書き下ろしの新曲“Water Lily Flower”。劇伴も担当するフジファブリックはデビュー以来、初めて映画音楽の完全監修を手掛ける。

山内総一郎(フジファブリック)は「国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います」とのコメントを寄せている。

山内総一郎(フジファブリック)のコメント

国道、ファミレス、ゲーセン。舞台は僕が生まれ過ごした場所ではないのに、スクリーンには知っているような故郷の風景が広がっていました。
一人一人の心の揺れや移り変わりと音楽をマッチングさせたいと思いましたし、フジファブリックとして様々な場面でこの作品に加われたことを誇りに思います。
劇場で観れる日が待ち遠しいです!

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play