Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブランク」 (c)Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]

特集「監督 染谷将太」開催、菊地凛子が脚本手がけた短編「ブランク」など上映

ナタリー

18/12/14(金) 9:00

染谷将太が監督を務めた短編「ブランク」が、東京・ユーロスペースで2月16日から22日にかけて開催される特集「監督 染谷将太」の中で上映される。

山口情報芸術センターが実施する映画制作プロジェクト・YCAM Film Factoryの第3弾として制作された本作。YCAM Film Factoryは既存の映画作りにとらわれない発想を持つ映画監督と協働し、自由な映画制作のあり方を模索する企画だ。これまでに柴田剛「ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし」、空族とスタジオ石が共同でディレクションしたインスタレーション「潜行一千里」が発表された。

「ブランク」は山口を舞台に、ある施設の警備員の不可思議な1日を巡る、虚構と現実が交差した短編。山本剛史が主演を務め、染谷の妻で女優の菊地凛子が脚本を手がけた。染谷の希望で映画は16mmフィルムで撮影され、渡邊琢磨が音楽を担当。染谷が過去に発表した監督作「シミラー バット ディファレント」「清澄」と併映される。

染谷は「この空白だらけの映画に、感情を芽生えさせるのはこの映画をみて頂く皆様です。どんな形にもなるよう心を込めて空白だらけにしました。ぜひこの作品に心を灯してください」とコメントを寄せている。

染谷将太 コメント

ワタクシの最新短編作となりました「ブランク」。この空白だらけの映画に、感情を芽生えさせるのはこの映画をみて頂く皆様です。
どんな形にもなるよう心を込めて空白だらけにしました。ぜひこの作品に心を灯してください。
そして今回過去2作の作品も同時上映されます。これら2作は完全自主制作、つまり私の貯金を切り崩し作った作品になります。
誰にも求められていないのに勝手に作り勝手に見せつける、究極な贅沢なモノ作りをさせていただきました。
自分の存在、他との関係、時間と自分の関係、普段無意識に意識しているであろう感情や温度感をフィルムに閉じ込めました。
このワタシの1連のワガママにお付き合いください。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play