Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©『電影少女 2019』製作委員会

ドラマ『電影少女』音楽は蔦谷好位置の「KERENMI」&主題歌Voは大比良瑞希

CINRA.NET

19/4/9(火) 12:00

4月11日からテレビ東京で放送される連続ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』の音楽担当と主題歌が発表された。

西野七瀬主演で昨年1月に『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』として連続ドラマ化された桂正和の漫画『電影少女』。ドラマシリーズ2作目となる『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』は、「悪のビデオガール」神尾マイと彼女によって道を踏み外していく高校2年生の叶野健人の物語を描くダークファンタジー的な内容となる。マイ役に山下美月(乃木坂46)、健人役に萩原利久がキャスティング。総監督を関和亮が務め、脚本には喜安浩平、山田能龍、高野水登が名を連ねている。

音楽は蔦谷好位置の変名プロジェクトKERENMIが担当。KERENMIが主題歌として書き下ろした“からまる”のゲストボーカルは大比良瑞希が務める。KERENMIは「キュートで妖しげで、時代を交錯するような音楽でドラマを彩れたらと作曲しました。現代さらに未来の拡張現実を予見したような衝撃の作品に音楽で関われて光栄です」とコメント。