Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」公開舞台稽古より。

長塚圭史演出「セールスマンの死」開幕、風間杜夫らぶつかり合う家族の物語

ナタリー

18/11/3(土) 14:12

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」が、本日11月3日のプレビュー公演で開幕。昨日2日には公開舞台稽古が行われた。

かつて敏腕サラリーマンだった主人公ウィリー・ローマンの死に至る最後の2日間を描いた「セールスマンの死」は、1949年にニューヨーク劇評家賞、ピュリツァー賞を受賞したアーサー・ミラーの代表作。徐賀世子の新訳で、長塚圭史が演出を手がける今回は、出演者に風間杜夫、片平なぎさ、山内圭哉、菅原永二らが名を連ねた。

舞台は1950年代前後のアメリカ。60歳を過ぎたセールスマンのウィリーは、仕事で思ったような成果を上げられず、2代目の社長にお荷物扱いされていた。妻のリンダは夫のウィリーを献身的に支えていたが、30歳を過ぎても自立できない2人の息子たちとウィリーは、過去のある事件によって険悪な関係になっている。セールスマンこそが夢を叶えるにふさわしい仕事だと信じてきたウィリーは家族と自分のためにとある選択をし……。

風間は、高いプライドを持つがゆえに息子に自分の理想を押し付けるウィリーを豪快に、ときにチャーミングに演じながら、彼が少しずつ弱っていくさまを体現。また片平は気難しい夫のウィリーに寄り添いつつ愛を注ぎ、息子たちを気にかけるリンダの寛大さを細やかに表現する。山内は、落ちこぼれて以来、なかなか定職に付けないでいる長男ビフの葛藤と、父親に対する抑圧された感情を熱演で見せた。菅原は女好きな次男ハッピーを軽快に演じつつ、いつまでも身を固められないでいる自分の家族への後ろめたさを表現。各登場人物により、競争社会の過酷さや若者の挫折が描き出されると同時に、ぶつかり合う家族の濃厚な物語が繰り広げられた。

このほかウィリーの上司ハワード役には伊達暁、ビフの友人バーナード役には加藤啓、バーナードの父でウィリーの友人チャーリー役には大谷亮介、ウィリーの兄ベン役には村田雄浩がキャスティングされている。上演時間は途中休憩15分を含む約3時間15分。公演は11月18日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールにて。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」

2018年11月3日(土・祝)~18日(日)
※11月3・4日はプレビュー公演
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

作:アーサー・ミラー
翻訳:徐賀世子
演出:長塚圭史
出演:風間杜夫、片平なぎさ、山内圭哉、菅原永二、伊達暁、加藤啓、ちすん、加治将樹、菊池明明、川添野愛、青谷優衣、大谷亮介、村田雄浩

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play