Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

野村萬斎がタモリ演じる吉良邸に討ち入り 「忠臣蔵」描く「ボス」新CM

CINRA.NET

18/10/30(火) 4:00

サントリー「ボス THE CANCOFFEE」の新たなテレビCM「忠臣蔵」篇が、11月2日から全国で放送される。

同CMはトミー・リー・ジョーンズ演じる宇宙人ジョーンズが地球を調査する「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」の新作。「忠臣蔵」をテーマに据え、タモリが吉良上野介役、野村萬斎が大石内蔵助役、タカアンドトシとジョーンズが吉良家の奉公人役を演じる。

公開されたCMでは、吉良が江戸城内「松の廊下」で切り付けられる姿や、大石内蔵助が赤穂浪士たちを率いて吉良邸に討ち入る場面、宇宙人ジョーンズが振り下ろされた刀を「真剣白刃取り」で受け止めるシーン、討ち入られた後の吉良邸を片付ける奉公人たちにジョーンズが「ボス THE CANCOFFEE」を差し出す様子などが確認できる。

吉良役のタモリは「松の廊下」の撮影ですぐにOKを出し、「もう少しこの衣装でお芝居したかった」と残念そうな表情を浮かべたという。大石役の野村萬斎は独特の所作や言い回しが必要となる口上、勝どきの声を上げるシーンで浪士役たちと息を合わせ、OKテイクを連発した。宇宙人ジョーンズ役のジョーンズは未経験の真剣白刃取りにNGを重ねたものの、3回目で成功。奉公人役のタカアンドトシは「やったー!」「すごい!」と歓声を上げ、スタッフから拍手が起こったとのこと。

トミー・リー・ジョーンズはCMで興味が湧いた点について「普段履いている靴が非常に歩きにくいところや、ユニークな衣服に興味が湧きました」とコメント。タモリは撮影を振り返って「まさか一生のうちに吉良上野介の役をやるとは思っていませんでしたし、CMといえども映画並みのセットで、衣装も全部本格的ですからね。忠臣蔵では過去、名優と呼ばれる方々が演じてこられた役なので、非常に光栄に思いましたし、とてもうれしかったです」と語った。

野村は「時代劇はどうしてもコスプレの印象が強くなりますが、作り込まれたセットや衣装によって、雪の中の仇討ちという忠臣蔵の世界に集中することができたと思います。吉良上野介役のタモリさんの淡然とされている姿が印象的で、しっかりとした時代劇の一コマになっていたんじゃないでしょうか」と述べている。

またタカアンドトシのトシは「こんなに本格的なセットでやったのは初めてで、すごいスケールだなと思いました」と述懐。タカは「缶コーヒーを飲みながらホッとする瞬間」について「毎晩、子どもたちが寝静まった後とか、奥さんと『今日もとりあえず寝たね、アイツら』みたいな会話をしながら、よく飲んでいます」と答えている。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play