Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」の公開舞台稽古に臨む(左から)ダイノジ大地、インパルス板倉。

インパルス板倉「勉強になっちゃいました」ダイノジ大地らとコメディ舞台稽古

ナタリー

18/11/30(金) 18:39

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」の公開舞台稽古が本日11月30日に都内にて行われ、出演者のインパルス板倉、ダイノジ大地らが参加した。

「ジーザス・クライスト・レディオスター」は劇作家・演出家の西田大輔によるオリジナル作品として2004年に初演され、これまでも再演されてきた人気シチュエーションコメディ。ラジオ局を舞台に、生放送特番のオンエア直前になっても現れないカリスマDJ・ジーザス吉田の穴を埋めるため、スタッフやゲストなどさまざまな人間がトラブルを乗り越えながらオンエアを進めていく。原作・演出が西田大輔で、マンボウやしろこと家城啓之が脚色を担当する。

舞台稽古に参加したのは、ジーザス吉田とその弟の2役を演じる板倉、特番のゲストである演歌歌手・氷川金次郎役のダイノジ大地のほか、ディレクター・長谷部役の染谷俊之、構成作家・江戸川役の八木将康(劇団EXILE)、新米AD役・清水役の中島早貴ら。板倉と中島早貴のシーンに始まり、大地の1人芝居、板倉と大地の2人だけによる掛け合いなどが40分にわたって展開された。真剣な様子でありながらアドリブやハプニングが自ずと交わるその稽古に、出番を待つほかのキャストからつい笑いが漏れる場面も。次から次へとトラブルが起こってしまうこと請け合いのコメディ舞台をお見逃しなく。

「ジーザス・クライスト・レディオスター」は12月12日(水)より12月24日(月・祝)まで東京・紀伊國屋ホールにて全16公演、上演される。チケットは現在販売中。

「ジーザス・クライスト・レディオスター」出演者コメント

インパルス板倉

舞台は初出演なのですが、俳優の方たちが皆面白く、コント畑と芝居畑は違うけれど、「この人とコントをやっても面白いだろうな」と思い、勉強になっちゃいました。コントとコメディの違いは難しいけれど、本作は長いコントとも言えるので、お笑いが好きな人も、本作が芝居を見るきっかけになればいいなと思います。

染谷俊之

本作は、演歌歌手、占い師など、ラジオをやったことがない個性豊かなキャラクターがラジオをやるという面白さが魅力です。
共演者の皆さんはお芝居がお上手で、セリフっぽくなく、観客の皆さんも見ていて自分もこのラジオ番組に参加している気分になれると思います。

八木将康

緊迫感があるストーリーで、僕達も神経を研ぎ澄してやっているので、稽古をやっていてもめちゃくちゃ疲れる程です。
コメディなので、幅広い年代の方に楽しんでもらえると思います。

中島早貴

時間が戻ったり、飛び飛びになったりして、観るほうも考えなくてはいけない舞台もあるけれど、本作はワンシチュエーションコメディで、時系列通りで、本当に何も考えずに楽しめる舞台なのではないかと思います。
その中でキャラの濃い人たちのドラマが繰り広げられます。
ぜひ、2018年の笑い締めとして観に来て頂ければと思います。

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」

日程:2018年12月12日(水)~12月24日(月・祝) 全16公演
会場:東京・紀伊国屋ホール
料金:8600円(全席指定)
チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット、キノチケオンライン、チケットよしもとほかにてチケット販売中。
問合せ:サンライズプロモーション東京(TEL:0570-00-3337。10:00~18:00)
原作・演出:西田大輔
脚色:家城啓之
<出演者>
インパルス板倉 / 染谷俊之 / 八木将康(劇団EXILE) / 中島早貴 / 安川純平 / 宮平安春 / 小槙まこ / ダイノジ大地 / 小野寺ずる / 肘井美佳 / 辻本耕志 / 山崎樹範
声の出演:清水らら / 藤田晋之介、薮内大河(Wキャスト)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play