Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

西田敏行、『必殺仕事人2019』で悪役に 伊藤健太郎、飯豊まりえ、松井玲奈らも出演決定

リアルサウンド

19/2/17(日) 5:00

 テレビ朝日系にて3月10日に放送される『スペシャルドラマ 必殺仕事人 2019』の追加キャストが一挙発表された。

参考:可笑しくも切ない小日向文世の哀愁 『メゾン・ド・ポリス』新たな展開も?

 2007年7月7日、東山紀之主演で『必殺仕事人2007』として復活した人気時代劇シリーズが、今年も放送。今回のスペシャルでは、悪人の悪巧みによって突然大金持ちに祭り上げられた若者が、善と悪の間で揺れるさまを、必殺シリーズならではの世界観と映像美で描く。今回仕事人の敵となるのは、貧しくても懸命に生きる若者を食い物にして私腹を肥やす極悪非道な商人。この商人は、ひたすら真面目に働く若者の商才を利用しようと罠を仕掛ける。 商人に目をつけられてしまったがために、幸せな日々が一転、運命に翻弄されることになる若者と、彼を支える許嫁の行方とは。

 今回、東山紀之、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見、遠藤憲一ら仕事人の敵となる、血も涙もない大悪党を西田敏行が、また伊藤健太郎、飯豊まりえ、林家正蔵、近藤芳正、松井玲奈、袴田吉彦、河相我聞、山下容莉枝がゲストとして新たに出演することが明らかになった。

 本シリーズ初登場となる西田が演じる上総屋清右ヱ門は、江戸中に人脈をもつ大商人。そして伊藤と飯豊が、物語の中で重要な役柄を担う。伊藤は、純真で欲がなく、ひたすらマジメに働く弥吉役、飯豊は、そんな弥吉との結婚を夢見る気立てのよい娘・おたね役を務める。

【東山紀之(渡辺小五郎役)コメント】
■西田敏行と初共演の印象
お芝居では初めてなんですが、実はハタチか21か…デビューしたばかりの頃、西田さんがパーソナリティーをされていたラジオに、ゲストで出していただいたことがあるんです。その時に、西田さんが『よくいらっしゃいました』と、ものすごく優しくおもてなしをしてくださって、感動したのを覚えています。今回、ドラマで初共演させていただけると聞いた時は、『西田さんが出てくださるの? やったー!!』と思いましたね。すぐ松岡(昌宏)に『西田さんが出てくれるらしいよ』って言いました。そしたら松岡も『マジで!』みたいな…、50 を過ぎたおじさんとは思えないようなリアクションをしてしまいました(笑)。目と目を合わせてお芝居させていただくのがかねてからの望みでもありましたので、本当に嬉しかったです。今回ご一緒させていただいて、また今度ガッツリと組ませていただきたいなという思いがさらに強くなりました。

■時代劇への思い入れ
京都に通うようになって 30年以上になりますが、さまざまな先輩たちと共演させていただきました。特に時代劇は、たくさんの方とご一緒できるんですね。そこで吸収したり経験させてもらったことが、いま活きているなと思います。時代劇という素晴らしい日本文化の一つを絶やしてはいけないし、数は少なくなっていますが、続けていくことに意味があると思います。そして僕は、先輩たちから受け継いだものを後輩たちに渡すという役割も担っていると思いますので、これからも頑張っていきたいですね。

■西田敏行を“斬った”感想
西田さんが『優しく斬ってね』とジョークで言ってくださったし、こういう機会もあまりないので、思い切ってやらせていただこうと臨みました。いつもより剣のスピードが早かったんじゃないかなと思います(笑)。西田さんのアドリブのおかげで、“人を斬る”現場なのにすごく笑いが起きていました。その間も、僕は西田さんのお芝居を楽しませていただきました。スタッフの方からは『よく西田さんのアドリブに耐えられるね』と言われましたけど(笑)。

■視聴者へのメッセージ
平成最後の『必殺仕事人』になります。西田さんをはじめ、素晴らしいキャストの皆さま、そしてスタッフみんなの思いがたくさん詰まった作品になっています。新たなキャストの方も加わり、さらにパワーアップした作品をお見せできると思いますので、ぜひお楽しみに!

【西田敏行(上総屋清右ヱ門役)コメント】
■東山紀之と初共演の印象
テレビやバラエティーを拝見していても、東山さんのスタイルがきちっと確立されていて、ブレないですよね。そして凛々しい! 素晴らしいアクターであるとともに、素晴らしいエンターテイナー。まだまだいろいろなことを学びたいと思わせてくれる、数少ない後輩の一人なので、今回ご一緒できて嬉しいです。なによりまず、『“必殺”に出られるんだ!』って、女房に自慢しました。

■“必殺シリーズ”初出演で悪人を演じた感想
親父が時代劇ファンで、子どもの頃、よく僕を自転車の後ろに乗っけて映画館に連れて行ってくれたんです。6本立てくらいの時代劇を見ていましたね。それで育ったようなものだから、こういう時代劇の現場に来ると、ふるさとに帰ったような、原点回帰したような気がします。それこそ昔、ラジオのパーソナリティーをやっている時に一度ゲストに来ていただいた吉田義夫さんという大悪役の方がいらっしゃるんですが、吉田さんが京都の撮影所から出てくると、子どもたちから『あいつ、悪いんだぜ!』って小石をぶつけられたらしいんですよ。その時に“こんなに俺のことを悪いヤツだって思ってくれてるんだ”って嬉しかったと、おっしゃってたんですね。それを聞いて、悪役をやる人の心根の素晴らしさというのを感じたというか、驚きました。それ以来、時代劇はどちらかというと悪役を中心に見てきましたので、悪役ができるというのは、僕にとって最高に嬉しいことです。今回も思いきりやれたと思います。だいぶいろんな人を泣かせましたよ(笑)。

■時代劇への思い入れ
時代劇というのは現代劇と比べるとコストがかかるかもしれません。でも、その分、万人に喜んでいただける作品ができると思います。子どもから大人まで幅広い世代の人に、痛快に感じてもらえるような勧善懲悪の時代劇がもっともっとたくさん増えて、『あいつは悪いヤツだ!』と言える、悪を憎んで正義を愛する子どもたちが増えればいいなと思いますね。

■東山紀之に“斬られた”感想
優しく斬っていただいたので、清右ヱ門は痛みも感じず昇天できたのではないでしょうか(笑)。人が斬られて殺される現場で笑いが起きるって珍しいことだと思うんですが…笑わせてしまったみたいです、僕。ごめんなさい(笑)。言わなくていいような言葉が出てきちゃって、つい…(笑)。でも、スタッフさんの笑い声が聞こえたのでホッとしました。

■視聴者へメッセージ
ご存じ、『必殺仕事人』ですから、ご覧いただくと、痛快な気分になれますし、“明日からも頑張ろう”って思える作品になっていると確信しています。そして、すっきりと一日を…いや、この一年をお過ごしください。仕事人の東山さん、凛々しいですよ! 美しいですよ!

(リアルサウンド編集部)