Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“未体験ゾーンの映画たち2019”

衝撃作、怪作が集まる“未体験ゾーンの映画たち”が今年も開催中

ぴあ

19/1/7(月) 0:00

日本での一般公開が見送られてしまった作品をまとめてスクリーンで楽しめる人気企画“未体験ゾーンの映画たち2019”が今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている。本イベントは回を重ねるごとに規模を拡大しており、今回は58本の“未体験”映画が集結。「なぜ、これが未公開?」と言わずにはいられない話題作から、偏愛したくなる掘り出しものまで今年も玉石混交。劇場に足を運んで“自分の1本”を見つけたくなる催しだ。

日本は映画公開本数が年々増えているが、スクリーン数には限りがあり、大作映画が座席をドッと確保して公開初日を迎える一方で、一般公開が叶わずにDVD発売のみだったり、BS・CS放送やストリーミングでひっそりとお披露目される作品も多い。そこで、様々な理由から日本公開が送られてしまう傑作・怪作映画を公開するのが2012年から始まった本イベントだ。

今年も世界各国から作品が集結。2016年に日本公開され、高評価を集めた『マジカル・ガール』のカルロス・ベルムト監督の新作『シークレット・ヴォイス』は記憶喪失によって歌えなくなった歌手と、彼女の歌を本人のように歌いこなす女性の人生が交錯するミステリー。2018年製作の作品で、日本でイチ早く楽しめるチャンスだ。

他にも、『君の名前で僕を呼んで』の演技で人気急上昇中のティモシー・シャラメ主演作『シークレット・チルドレン 禁じられた力』や、伝説のカルト映画『八仙飯店之人肉饅頭』『エボラシンドローム』のハーマン・ヤオ監督、アンソニー・ウォン主演がタッグを組む『ザ・スリープ・カース』、人気漫画『賭博黙示録カイジ』を作者も脚本に参加して中国で映画化した『カイジ 動物世界』など注目作が多数揃う。

また、本イベントでおなじみの異色ホラーやアクション作品も多数ラインナップされており、上映作品の総数は50本超! 一部の作品は上映終了翌日から2週間限定でオンライン配信され、大阪のシネ・リーブル梅田での開催も予定されている。

未体験ゾーンの映画たち2019
ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中
※シネ・リーブル梅田でも開催を予定

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える