Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スフィア

スフィア結成10周年イヤー“点火”!4人のみでステージに立った音楽活動再開ライブ

ナタリー

19/2/24(日) 20:12

スフィアが2月17日に千葉・舞浜アンフィシアターでワンマンライブ「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2019"Ignition"」を開催した。

2017年11月に千葉・幕張イベントホールで行われたワンマンライブ「LAWSON presents Sphere live tour 2017 "We are SPHERE!!!!!"」以降“充電期間”に入ったスフィアは、本公演をもって音楽活動を再開。2月15日に結成10周年を迎えた彼女たちは“点灯”の意味を持つ“Ignition”をライブタイトルに冠し、初心に帰りたいという気持ちからバックバンドを付けずに4人のみでライブを展開した。

スフィアが結成10周年イヤーの幕開けとなるライブの1曲目にセレクトしたのはデビューシングル曲「Future Stream」。紗幕がゆっくりと開き、ステージに横並びになった4人の姿が見えると、この日を待ちわびたオーディエンスは全力のコールで彼女たちを出迎えた。メンバーは「SPHERE」の文字が輝くシンプルなステージを踏みしめ、みずみずしい4人のハーモニーを響かせていく。そして「私たちスフィアです!」と挨拶し、「A.T.M.O.S.P.H.E.R.E」で客席に手を振りながらステージを駆け回った。

それぞれの歌声を生かしたソロパートがある「Ding! Dong! Ding! Dong!」を生き生きと披露したスフィアは、マイクを向けて客席を煽りながら「LET・ME・DO!!」を明るくパフォーマンス。ライブ序盤から熱気に満ちた客席に高垣彩陽が「皆さんが笑顔と光で迎えてくれて、こんなに待っててくれたなんて今日は胸がいっぱいです!」と感極まると、寿美菜子は「我々の始まりの曲から10周年イヤーも始まっていくということで、皆さん今日は最後まで付いて来てください!」と呼びかける。戸松遥は「楽しいね! スフィアの音楽活動“放電”の日ということで、今日はみんなで思いっきりスパークしていきましょう!」と目を輝かせ、豊崎愛生はライブタイトルにちなんで「今日は皆さんのスフィア熱に改めて点火できるようなスタートを切りたいと思います!」と意気込んだ。

「SPHERE-ISM」で「We are SPHERE!」と高らかに歌い上げたスフィアは、ロックチューン「GO AHEAD!!」をエネルギッシュにパフォーマンス。凛とした佇まいで「MOON SIGNAL」を届け、会場をヒートアップさせる。メンバーが一度舞台からはけると、ピンク色の美しいドレスに早着替えした高垣が姿を現し、神聖な空気漂うソロ曲「愛の陽」を歌唱して大喝采を浴びた。寿が無邪気に飛び跳ねながらEDMチューン「Another Wonderland」を歌うと、オーディエンスも自由に体を揺らして楽しむ。また豊崎は穏やかな表情で「クローバー」を歌い上げ、透明感のある歌声を会場いっぱいに響かせた。戸松は「オレンジレボリューション」を元気いっぱいに届け、シンガロングを巻き起こしていく。そして弾けるような笑顔を浮かべ、ステージを駆け回って観客と心を通わせていた。

「NEVER ENDING PARTY!!!!」ではミラーボールの下オーディエンスがキャッチ-な振り付けを楽しみ、場内に一体感が広がっていった。「Miracle shooter」をにぎやかに披露したスフィアはその勢いのまま「HIGH POWERED」を歌い、すさまじいエネルギーで会場を包み込む。「vivid brilliant door!」ではメンバーが客席に向かい、オーディエンスのより近くで1人ひとりの顔を見ながら歌を届けた。スフィアが最後に思いを込めるように力強く歌い上げたのは「Non stop road」。晴々しい表情で客席を見渡し、「私たち、スフィアでした!」とスフィアポーズを決めてステージからはけていった。

熱烈なアンコールに応えて再び登場したスフィアは「キミが太陽」を楽しげにパフォーマンス。その後は全国ツアー「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」の開催が発表され、場内は興奮に包まれた。久しぶりのスフィアのライブにあたって緊張もあったという戸松は「1曲目の『Future Stream』で皆さんの『おかえりー!』という声を聞けたときに、ものすごく心からあふれ出るものがあって、本当に楽しい1日でした。もっともっといろんな展開をしていきたいと思いますので、これからもベテランアイドルの活動を楽しみにしてください!」と張り切る。豊崎は「10年間振り返ってみると、皆さんのキラッキラの笑顔がまず最初に思い浮かんで、私は本当にスフィアでよかったなと強く思っています」と感慨深げに話し、「この大好きスフィアを作ってくれた皆さんに、スフィアの豊崎愛生として声を、思いを届けていけるような1年にしたいと思います」と思いを伝えた。高垣は「自分たちにとっても皆さんにとっても、スフィアという輪がいつでも帰ってこれる最高の居場所であったらいいなと思っています。私たちらしく、最高の10周年“イヤー”にしなきゃ“嫌”!」と得意のダジャレを織り交ぜて会場を沸かせる。寿は「無事に今日ここでみんなと一緒に“Ignition”できて、本当にうれしく思います。これからも4人でしか見られない景色を皆さまと一緒に見ていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!」と笑顔で挨拶した。

スフィアがこの日のラストナンバーに選んだのは、5月8日にリリースする結成10周年アルバム「10s」のリード曲であり、スフィアとして初めて4人が作詞に携わった新曲「Music Power→!!!!」。4人の思いが込められたこの曲を真っすぐに届け、スフィアは華々しい10周年イヤーの幕開けを飾った。

スフィア「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live 2019"Ignition"」2019年2月17日 千葉・舞浜アンフィシアター セットリスト

01. Future Stream
02. A.T.M.O.S.P.H.E.R.E
03. Ding! Dong! Ding! Dong!
04. LET・ME・DO!!
05. SPHERE-ISM
06. GO AHEAD!!
07. MOON SIGNAL
08. 愛の陽
09. Another Wonderland
10. らくがきDictionary
11. Spring is here
12. クローバー
13. オレンジレボリューション
14. NEVER ENDING PARTY!!!!
15. Miracle shooter
16. HIGH POWERED
17. vivid brilliant door!
18. Planet Freedom
19. Non stop road
<アンコール>
20. キミが太陽
21. Super Noisy Nova
22. Music Power→!!!!

スフィア「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」

2019年9月7日(土)大阪府 オリックス劇場
2019年9月8日(日)大阪府 オリックス劇場
2019年9月15日(日)東京都 中野サンプラザホール
2019年9月22日(日)静岡県 静岡市民文化会館 大ホール
2019年9月28日(土)東京都 中野サンプラザホール
2019年10月13日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年10月14日(月・祝)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年10月26日(土)千葉県 幕張イベントホール
2019年10月27日(日)千葉県 幕張イベントホール

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える