Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「東京二十三区女」トークイベント付き特別試写会の様子。左から長江俊和、島崎遥香、岡山天音。

霊感のない島崎遥香と岡山天音が遭遇した不思議な出来事とは

ナタリー

19/4/5(金) 16:34

WOWOWオリジナルドラマ「東京二十三区女」のトークイベント付き特別試写会が本日4月5日に東京都内で行われ、キャストの島崎遥香、岡山天音、監督を務めた長江俊和が登壇した。

本作は東京23区の恐ろしい伝説が隠されたスポットを、フリーライターの原田璃々子と、元民俗学講師の島野仁が巡っていくホラーミステリー。島崎が璃々子、岡山が島野を演じた。各6話で異なる女優が主演を務めており、島崎のほか倉科カナ、安達祐実、桜庭ななみ、壇蜜、中山美穂が主人公に扮する。島崎は最終話となる第6話「品川区の女」に主演した。また、この日の試写会には東京23区に住む23人の女性が招待された。

暗渠となってしまった渋谷川の入口や、東京屈指の縁切りスポットである板橋区の縁切榎など、実際の場所でロケーションが行われた本作。島崎は「東京を歩きながら、その場所で監督の『昔、ここではこういうことがあって……』というお話を聞きながら撮影していました。だから撮影中に何かが起こるんじゃないかと思って、本当に怖かった」と振り返る。縁切榎での撮影時には、一般人が縁切りに訪れていたそう。島崎は「その方から握手をお願いされて。とても複雑な気持ちでした」と笑いを誘った。

霊感はないという島崎と岡山だが、自身の身の周りで起こった不思議なエピソードを披露。岡山はあるホラー映画の撮影で自分が死ぬシーンを撮影していたときのことを振り返り「撮影のあとに携帯を見たら、僕から連絡してないのに母親から『何?』って連絡が来てました。よく聞いたら、撮影の時間帯に僕から電話が来ていたらしいんです。それが途中で切れて、着信履歴にも残ってなかったみたいなんです」と口にする。また島崎は、ある撮影の地方ロケでホテルに泊まった際、上階の足音がうるさかったときのことを述懐。「翌朝マネージャーさんに伝えたら『ここ最上階だよ』って。そのときは怖かったです。あんまり気にせず、すぐ寝ちゃったんですけどね(笑)」と話した。

最後に登壇陣が「自分が一番恐れているもの」を明かす場面も。長江が「死」、岡山が「最初は好んで1人だったんですけど、あれ自分っていつまで1人なんだろうって最近思います」とつぶやきながら「孤独」と打ち明ける中、島崎は「単純にジェットコースター」と即答。「恐怖というか恐いもの。好きな人の気持ちがわからない。内臓が揺れません? 出ちゃいそうになる」とその理由を続けた。

「東京二十三区女」は、4月12日にWOWOWプライムにて放送スタート。第1話は無料放送となる。

WOWOWオリジナルドラマ「東京二十三区女」

2019年4月12日(金)放送スタート 毎週金曜 24:00~
※全6話。第1話のみ無料放送