Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Aya Ito、©Richard Gorman

伊藤彩とリチャード・ゴーマンの展覧会『Sea Both Sides』、ヒカリエで開催

CINRA.NET

19/4/4(木) 20:25

伊藤彩とリチャード・ゴーマンの展覧会『Sea Both Sides − Nothing can be everything, everything can be nothing』が、4月22日まで東京・渋谷ヒカリエの8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで開催されている。

1987年に和歌山で生まれた伊藤彩と、1946年にアイルランド・ダブリンで生まれたリチャード・ゴーマン。同展の企画は、2人がゴーマンの地元であるダブリンで出会ったことをきっかけにスタートしたという。展覧会のタイトルである『Sea Both Sides』はゴーマンが付けたもの。共に海に囲まれた島で生まれ育ったこと、アトリエが海の近くにあるという共通点から名付けられたという。サブタイトルは2人の作品の関係性を表したものとのこと。

ゴーマンは伊藤の作品について「彼女は他のアジアの若い作家の中でも、卓越した色彩感覚をもっているアーティストだ。私はとくに彼女の大きな作品を気に入っている」と評している。

なお4月6日からはゴーマンの個展『リチャード・ゴーマン「形情」』が、神奈川・茅ヶ崎市美術館で開催される。