Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新しい地図はまだまだ広がり続ける 『ななにー』での爆笑問題との“ホンネ過ぎるトーク”を聞いて

リアルサウンド

19/4/8(月) 6:00

 〈月に1度だけ/会えるならば張り切って/最高な時ご招待/ありのまま気ままに〉。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が歌う「72かのナニかの何?」の歌詞通り、新元号が発表されて最初の『ななにー』こと『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)は、例月に比べてもさらに充実した内容で、新時代への勢いをつけるような内容だった。

(関連:新しい地図 稲垣&草なぎ&香取が伝える“3つの力” 2020年へとタスキ繋いだ『パラ駅伝』を見て

 斎藤工との熱い映画トーク、そして草なぎのカレー差し入れエピソードが盛り上がる中、多くの花見客でごった返す目黒川の出店に稲垣が買い物に行ったり、そこでサービスされた山盛りの唐揚げを香取がもりもりと食べたり……と、相変わらず自然体な彼らの魅力が存分に引き出される時間が続く。

 また、車での移動時間は3人だけの気さくなトークに、スタジオではキャイ~ンやみちょぱなどおなじみのゲストと共にマジックに驚くなど、まさに『ななにー』らしいギュギュッとしたタイムスケジュール。さらに、きゃりーぱみゅぱみゅとのスペシャルライブでは、キュートな振りで持ち前のアイドル力を惜しげもなく披露するなど、メリハリのついた構成に、改めて彼らの持つマルチな才能を堪能することができた。

 そして、何よりも今回の『ななにー』で注目を集めていたのが、爆笑問題との72分ノーカットホンネトークだ。爆笑問題といえば『ななにー』の前身ともいえる、2017年11月に放送した『72時間ホンネテレビ』に出演し、太田光が忖度ゼロな発言を連発して大きな話題を呼んだ。しかも、今回は72分ものホンネトークとなることから、どんな話題が飛び出すのか楽しみのような、怖いような、そんな気持ちで待機していた視聴者も少なくなかったのではないだろうか。

 先日、番組収録中に転倒して心配された太田だったが、登場するやいなやカメラに頭突き&転ぶふりをするなど、元気そうで何よりな暴れっぷり。昨年、太田が監督を務めた『クソ野郎と美しき世界』の話で盛り上がると、タッグを組んだ草なぎをベタ褒め。初日から、妻役の尾野真千子とビンタし合うというヘビーなシーンだったのだが、草なぎは尾野に「思いきりやって」と役者魂を見せ、太田自身もグッとくる画が撮れたのだという。また、技術スタッフがみんな顔を伏せて涙を堪えていたのを見て、この映画はイケると手応えを感じたとも明かす。

 そんなとっておきの撮影秘話を繰り広げながらも、おもむろに「地上波、全滅らしいけど?」と相変わらずの太田節で切り込む。“地上波全滅”というパワーワードに、思わず香取も「バズっちゃいます(笑)」と返したが、そこから“ホンネトーク”のタイトルにふさわしい、“ホンネ過ぎるトーク”が繰り広げられた。

 3人が手がけていた地上波テレビのレギュラー番組は次々と終了したものの、インターネットテレビ、CM、映画、舞台、そして個展やイベントなど、彼らの活躍の幅は広がりを見せ、「今のほうが忙しいかもしれない」という稲垣。太田が「もっと干されると思ってた?」と率直にたずねると、香取は「はい」とまっすぐに答えた。

 そんな香取を見て、太田は「慎吾ちゃんが、しっかりしたよね。引っ張ってる。SMAPのときは中居(正広)とか木村(拓哉)とかいて、弟分みたいな感じだったじゃない?」と、しみじみ語る。とはいえ、ずっとそばにいた稲垣からすれば「けっこうね、影で引っぱるというか、たとえばコンサートの演出をしたりとか……慎吾は慎吾で」と変わっていないようで、「それはあったよね」と太田も頷くなど、双方の言い分が遠慮なく交わされる姿が、よりホンネで対話ができていることを印象づけた。

 太田は、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川と会い「3人をよろしく」と言われた話をしたり、SMAP時代の歌を「もう歌えないの? 3人で歌うのは寂しいか。5人の歌だもんな」と遠慮なくトークを展開。相変わらず忖度なしの発言に少しヒヤヒヤしながらも、爆笑問題がいかにSMAPというグループを愛していたかが伝わってくるトークだった。

 よく見れば、爆笑問題のふたりの衣装は太田が青で田中裕二が赤と、SMAPファンにとって中居と木村を彷彿とさせる色。「番組やりたいね、5人で。新SMAPとかいって(笑)」と強引な提案も飛び出す。「俺、頭打ってから怖いものなしだもん、カッカッカッ」と笑う太田は「またSMAPやるんだろ?」「この5人が仲良くしてくんなきゃ、世界平和へのメッセージは達成されないよってずっと思ってる。それは、俺の想い」と際どい発言で3人を困らせながらも、「いずれ笑い話になるよ」と明るい未来に期待を寄せた。

 永遠にあると思っていたものがなくなったり、一緒に映画を作ることになったり、スクープされた雑誌の表紙絵を描くことになったり……時間が経てばいろんなことが変わっていく。だが一方で、体制が変わっても引っ張ってくれる香取の性分や、ファンを笑顔にしようと必死で走り続けていく彼らのスタンスなど、変わらないこともある。何がどうかわるかわからないからこそ、変わりゆくものへの寂しさに心を温め合い、変わらないものを応援し続ける意味がある。そして新たな嬉しい変化を共に喜び、分かち合う瞬間が大事になる。

 「コントやりたいね」。爆笑問題×新しい地図で愉快なレギュラー番組がスタートする日もそう遠くはないかもしれないし、またいつか名曲が歌われる日が来るかもしれない。新しい地図はまだまだ広がり続けるのだから。ときには、ヒヤヒヤするようなホンネで語りながら、まだ見ぬ未来を楽しみにまた1カ月間「必死に」走り抜けよう。そんな気持ちになる『ななにー』だった。次回は4月30日、平成から令和へと元号をまたぐ瞬間を、彼らと生放送で過ごすことができる。新しい時代の幕開けにこそ、未知を楽しむ『ななにー』がぴったりだ。(佐藤結衣)